大盛のぞみ連載「やっぱ、猫じゃけぇ」

大盛のぞみ連載「やっぱ、猫じゃけぇ」

大盛のぞみ連載「やっぱ、猫じゃけぇ」

大盛のぞみ連載「やっぱ、猫じゃけぇ」

 めっきり朝晩冷え込んで来て、猫が近寄ってくれる季節になりましたね。

 我が家の神経質男子チクワは私のストーカーか!?というほど追いかけてくるのですが、最近寒くなってきたからかストーカー化がさらに激化しています。

 後追い王と言えば岩海苔だったんだけど、歳をとって足腰が弱ったからなのか、寝る時間が増えたからなのか、そんなに追いすがって来なくなりました。

 その変わり、目が覚めた時やなでて欲しい時は大声で呼びつけるように。

 階段上から呼ぶので、布団の上で転がって作業している私はよっこらせと向かう感じ。

大盛のぞみ連載「やっぱ、猫じゃけぇ」
寝る前のみの表情。うっとりとコチラを見つめてくるチクワ

 実は、我が家の猫は全員人間と一緒に寝たがるけど、布団に入って来ることは全然ありません。

 みんな足元か太もも横あたりくらいで寝るんだけど、チクワだけ顔の真横か腕枕で寝ています。

 皆さんのとこの猫ちゃんはどうですか?

 猫によって寝る場所って全然違うので楽しいな、と思っとります。

大盛のぞみ連載「やっぱ、猫じゃけぇ」
昼寝する娘と私に挟まれて寝るチクワ

 そうそう、それで。

 顔の横で寝ている可愛いチクワなんだけれども、布団の中に入れると大豹変(ひょうへん)。

 肌のむき出しの部分(ちらっと見えてしまったおなかや背中、常にむき出しの足の指など)にガジガジ!!と嚙んできます。

 優しかったアンタ……どうしてこんなことするの!!と、毎回嚙まれる度にびっくりするんだけど、見えないところで野生を解放してるのかもしれないですね。

 つかの間の狩りの気分を味わってるのなら許せそう〜♡とチラッと思ったんだけど、痛いものは痛い。

 お母さん許さないよ!と昨日も今日も説教をしています。

(この連載は隔週金曜日に更新します)