<sippoストーリー>
あたご/女の子/三毛猫/1歳10カ月
普段の呼び名:あーちゃん
飼い主さんのニックネーム:猫々草

■名前の由来はなんですか?
保護された地区の名前から。

■出会ったきっかけはなんですか?
あたごが保護された地区に、私の友人が勤めるカフェがありました。 仕事帰りに車まで歩いていると原っぱから子猫の鳴き声が聞こえて、探してみたら草に引っかかって動けなくなっていたそうです。親猫がいるかもと様子を見たけどいなかったので保護したと連絡がきました。 夫と相談し、うちの家族に迎えることにしました。300gの小さな命でした。

家に来たころの「あたご」

■今回選ばれた写真はどんな時に撮った写真ですか?
私がソファに座っている時、じーっと見つめられていました。 遊びたい時、かまってほしい時は、いつもこういう誘い方をします。

■ペットとの忘れられないエピソードは?
あたごがうちに来てすぐカンピロバクターに感染し、下痢、嘔吐(おうと)がひどく体温も意識レベルも低下して、命が危ない時がありました。夜だったのですが、幸いなことに近くで診てくれる病院が見つかり、検査をして薬を処方してくれて助けることができました。ノミがついていたのと、下痢や嘔吐で寝床が汚れるので掃除や除菌もしなくちゃいけないし、2、3時間おきのご飯やトイレの促しなど大変でしたが、そんなの吹き飛ばすほど可愛くて愛おしくて、いい思い出です。先住猫が猫社会を教えてくれました。先住猫の母性が見られたり、仲良くなっていく様子も忘れられない大切な時間です。

■ペットと一緒に暮らし始めて、あなたに起きた変化はありますか?
家にいることが増えました。遊ぶ時は一緒に遊んで、寝静まるときは私も静かに過ごす。 猫にほんろうされる毎日が楽しくて幸せです。

■他の飼い主さんに薦めたいグッズは?
猫壱の爪とぎシリーズ。いろんな形があるけど、どれも研ぐにも寝るにも気に入ってます。
PEPPYの木登りタワー。先住猫がうちに来たときカーテンや網戸に登ってたんですが、タワーに登るようになったらカーテンや網戸に登らなくなりました。

■最後に、ペットへのメッセージをお願いします
何があっても守っていく。心配することは何もないから、元気いっぱい猫生を満喫してね。 家族になってくれてありがとう。