戦火のなかで動物たちはどうしているのだろう。「迷ったら、撮りに行け」、敬愛する故・渋谷昶子監督の言葉を胸に、4月中旬から5月までポーランドとウクライナへ取材に出かけました。その記録の3回目です。

(末尾に写真特集があります)

ロシア軍の攻撃が続くウクライナ

 4月、ポーランド経由でウクライナへ向かった。同行するのは、カメラマンのY氏(日本人)とコーディネーターのマリク(ポーランド人)。3人で歩いて国境を越える。前日にウクライナ西部の都市・リビウが攻撃され、緊張していた。亡くなった方もいる。目的地はリビウから1時間くらいの町だ。

これから国境を越える

 ポーランドの国境近くの町、メディカ。支援施設が並ぶ通りを進み、パスポートコントロールへ。反対側の通路には、ポーランドへ避難するウクライナ人が列をなしていた。犬や猫を連れた人もいた。ウクライナへ向かう人は少なく、パスポートを提示すると問題なく、入国できた。

この先がウクライナ

 ウクライナの地を踏んで、まず目についたのは赤い大きな看板。「ここは私たちの土地だ。お前たちは地の下に埋められるだろう」とある。ロシア軍に向けたものだという。「生きては帰れないぞ」という意味が込められている。この国が戦争状態にあることを実感する。

ロシア軍向けと思われる看板

飼い主とペットを離ればなれにしない

 国境から車で2時間ほどで、目的地、ドロホヴィッチに到着。歴史のある美しい町で、広場には人があふれ、比較的平和に感じた。

 驚いたのは至る所に野良犬がいること。丸々と太った大型犬がのんびりと寝そべっている。ウクライナでは野良犬を捕獲して、公営の施設に収容、不妊去勢手術やワクチン、マイクロチップなどを行政が施す(地域によって内容は異なる)。一定期間をおいても飼い主や譲渡先が見つからない場合は、イヤータグという札を耳につけて、元いた場所に帰す。地域の人が世話をする、日本の地域猫に似ている。地域犬は、殺処分よりはずっといいと思った。

ドロホビッチにて野良犬と

 訪ねたのは、この町でIT企業を営むビクトール・コバックさん(41歳)。犬猫用のマイクロチップを作る会社を経営しながら、戦争が始まって以来、ウクライナの犬と猫のために特別の支援を行っている。マイクロチップは、専用のリーダーがないと情報を読み込むことができない。リーダーがあるのは公営の施設や一部の動物病院だけだ。

QRタグ(裏側にQRコードがある/写真右)

 そこでビクトールさんの会社では、ペット用のQRタグを開発した。QRコードのついたIDで、スマートフォンでQRコードを読み取ることができる。誰でも簡単にペットの情報にアクセスできるのだ。

 戦争で飼い主とペットが離ればなれになっても、QRタグをつけていれば、飼い主とつながることができる。ビクトールさんはこのQRタグを戦争が始まってから、スーパーマーケットやガソリンスタンドで無料で配り始めた。その数は5万を超える。

リビウ市内の私営ドッグシェルター

 ビクトールさんはリビウ郊外の私営ドッグシェルターにも支援をしていると聞いて、連れて行ってもらった。300匹以上の犬がいた。他にも個人宅で預かっている犬が50匹ほどいるという。ビクトールさんはおよそ半数の犬にマイクロチップを無料で提供した。どの犬もとても人懐こい。

 所長のナタリアさんは車の部品工場を経営しながら、このシェルターを10年以上運営してきた。「戦争が始まったけど、逃げるつもりはない。犬たちとここにいる。ウクライナ軍が必ずロシア軍を追い返してくれるから」とナタリアさん。この地が安全であるように願うしかなかった。

ビクトールさんとナタリアさん

 ビクトールさんは避難してきた人を積極的に雇っていた。マイクロチップやQRタグの生産工場には何人もの避難民が働いていた。そのひとりがスラバさん(32歳)。彼は首都キーウでイベントの司会業を行っていた人気者だった。攻撃が激しくなり、妻と2人の子どもとともにボロディアンカに避難してきた。

 暮らしているのは元学生寮だった建物。9階建てだがエレベーターは故障中で、キッチンなどは共同。「将来のことを考えると無力感に襲われることもある」と正直な気持ちを話してくれた。彼はボランティアで被災地に物資を届ける活動もしており、「できることをやっていく」と自分を励ますように言った。

キーウから避難してきたスラバさん一家

戦時中でも犬を迎え入れる

 ビクトールさんに案内され、リビウの公営シェルターにも行った。収容されていたのは30匹ほどで、衛生的で管理が行き届いていた。戦争中だから大変なことになっているのでは……と思っていたが、いい意味で予想は裏切られた。話を聞くとさらに驚いた。戦争が始まっても、センターから犬を引き取る人が減らないというのだ。

リビウの公営シェルターから保護犬を迎える女性

 その日もリビウ市内に暮らす女性が1匹の犬を引き取るところだった。家には2匹の元保護犬がいるが、もう1匹迎えるという。

「戦争中なのに、3匹もいたら大変では?」と質問すると、「そんなことないのよ」と笑顔で答えが返ってきた。センターのスタッフも、「戦争だからといって、犬を迎えるひとの数は変わりませんよ」とほほ笑む。

「なぜなんでしょう」と疑問をぶつけるとビクトールさんは言った。「それは私たちには愛が必要だからだよ」これには参った。頭上をミサイルが飛んでいても、壊せないものがある。それは人々の心にある愛だ。行き場のない犬たちへ向ける愛。戦争の悲惨さを見ることになると思っていたのに、ウクライナで私が知ったのは深い愛だった。

 小さな愛に向ける物語はこの後も続きます。

【前の回】

一緒に暮らしている動物と避難するのは当然 ウクライナの国境の町で見た世界のうねり