【記事提供=MAXQ】韓国のフィットネス誌『MAXQ』2019年2月号で表紙を飾り、大反響を呼んでいるチョン・ヘビン。

韓国女性の憧れとなっている彼女だが、もともと働いていた会社を辞めた直後は、怠けてしまい太っていたという。

崩れたスタイルに危機感を感じたチョン・ヘビンは運動を始め、少しずつ身体を絞っていった。

ただ、3kg減量後は一生懸命運動してもそれ以上の変化がなかったという。高カロリーの食べ物や炭水化物を減らし、鶏の胸肉や野菜を中心に摂取することで、ダイエット停滞期を克服することができたそうだ。

そして、フィットネス大会への出場を決心し、もっと熱心に運動に取り組むように。その結果、10kgの減量に成功し、2018年10月に行われた韓国最高峰のフィットネス大会『マッスルマニア』で、コマーシャルモデル部門グランプリを獲得した。

「ダイエット停滞期を克服するには、地道に続けることが正解」と話すチョン・ヘビン。

そんな彼女が、自宅でもできる運動法を公開してくれた。

【ヒップブリッジ】
長時間座って勤く会社員に特にオススメな運動。ヒップアップはもちろん、太もも、お腹、ウエストの筋肉も鍛えられる。

<準備>
床に横たわった状態で膝を曲げ、脚は腰幅に広げる。

<動作>
息を吐き出しながらヒップを持ち上げる。ヒップの高さを維持しながら、片足を天井に持ち上げ、斜めに下ろす。これを両足10回ずつ行う。

【サイド・プランク・ウィズ・サークル】
冬に増えるお腹とわき腹のぜい肉を取り除くのに効果的な運動。

<準備>
片方の腕を曲げて、肘が肩の下に来るように床に置く。両足はきちんと揃えて、身体を一直線に保つ。

<動作>
下側のわき腹とヒップに力を入れながら上体を持ち上げ、その状態で上側の脚を伸ばす。持ち上げた10回、円を描く。反対も行う。

(構成=S-KOREA編集部)