一瞬の隙をつかれて地面に倒れ込んだ金宗瑞(キム・ジョンソ)。

それを知った息子の金承珪(キム・スンギュ)が倒れた父親を守ろうと体の上に覆いかぶさったが、そんなことは関係ないといわんばかりにもう1人の従者が刀を取り出して2人を切りつけた。

首陽大君が起こした政変

首陽大君(スヤンデグン)はその後、端宗(タンジョン)のもとへ向かい、「皇甫仁(ファンボ・イン)と金宗瑞が国の乗っ取りを図りました」と訴えた。

首陽大君の次の狙いは、端宗のもう1人の補佐役である皇甫仁である。彼を倒すために首陽大君は、端宗に高官を招集させる王命を出すように依頼した。

本来、端宗は王なので、首陽大君の言うことを聞く必要はないのだが、強い力を持った叔父に対して逆らうことはできず、ただ言うことを聞くしかなかった。

そして端宗の王命によって集まってきた高官たちを、韓明澮(ハン・ミョンフェ)は狭い門から1人ずつ入ってくるように仕向け、首陽大君に批判的な高官を見つけるとその場で次々と切り殺していった。

首陽大君が起こしたこの政変は「癸酉靖難(ケユジョンナン)」と呼ばれている。

1455年、首陽大君は甥である端宗から王の座を強奪して7代王・世祖(セジョ)となった。しかし、無理やり王の座を奪った世祖を批判的に捉える者がいなくなったわけではない。

その代表格が成三問(ソン・サムムン)を中心とする「死六臣(サユクシン)」である。彼らは端宗を復位させようと世祖暗殺計画を実行に移そうとしたが、失敗して捕えられてしまう。

世祖は、成三問たちに「余を王と認めれば助けてやろう」と言ったが、誰も世祖を王とは認めず、罵倒し続けた。

それにより彼らは全員処刑されてしまった。

母親のたたり

端宗を王に復位させることを狙っていたのは「死六臣」だけでなかった。

世祖の弟である錦城大君(クムソンデグン)も端宗を復位させようと計画を立てたが、それが露顕して死罪に処されている。

このような騒動が続いたことで、世祖は「このまま端宗を生かしておけば、また復位を狙う者が現れる」と思い、1457年に端宗を流罪にしたうえで殺害した。

その後、世祖は制度の改革に力を尽くしたり、朝鮮王朝の基本法典である「経国大典」の編纂を始めたりした。しかし、彼は晩年に原因不明の皮膚病に苦しんだ。

一部では「その皮膚病は顕徳(ヒョンドク)王后に夢の中でツバを吐かれたことが原因ではないか」と噂された。

顕徳王后は、端宗を出産してから数日後に亡くなった母親である。

世祖は、妻との間に2人の子供をもうけるが、長男は19歳という若さで世を去り、後を継いで8代王・睿宗(イェジョン)となった二男も、長男と同じく19歳で亡くなってしまった。

そのことに庶民は「顕徳王后のたたりだ」と言った。

世祖も10代王・燕山君(ヨンサングン)ほどではないにしろ、「悪王」の1人であることは間違いない。

(文=康 大地/コウ・ダイチ)