1689年、張禧嬪(チャンヒビン)からの度重なる催促を受けていた粛宗(スクチョン)は、高官たちを集めて昀(ユン)を元子(ウォンジャ)にすると伝えた。

それに対して高官たちは反対意見を述べた。なぜなら正妻の仁顕(イニョン)王后はまだ21歳と若く、まだ息子を産む可能性が十分にあったからだ。

王妃となった張禧嬪

しかし粛宗は「すでに決めたことだ」と、反対意見をすべて無視した。

さらに、彼は嫉妬深いという理由から仁顕王后を廃妃にすると、張禧嬪を新たな王妃として迎えた。

ついに王妃の座を手に入れた張禧嬪。彼女の息子である昀も王の後継者となった。

もはや張禧嬪に不可能はなかったが、この後、彼女は転落人生を歩むことになる。

その原因が、ドラマ『トンイ』の主人公となった淑嬪(スクビン)・崔(チェ)氏の登場である。

すでに張禧嬪への愛を失っていた粛宗は、下働きで水汲みをしていた彼女に心を奪われた。さらに粛宗が1694年に仁顕王后を王妃に戻したことで、張禧嬪の没落が決定した。

しかも淑嬪・崔氏が後の21代王・英祖(ヨンジョ)となる息子を産んだことで、世子である昀の立場も危うくなった。

重い罪を犯した張禧嬪

張禧嬪は、没落したままで終わるような女性ではなかった。

彼女は、仁顕王后に呪いをかけようと呪詛(じゅそ)を行い、神堂を建てて怪しげな者たちと一緒に祈祷を続けた。王妃に復帰した仁顕王后は病弱で、1701年に世を去った。その原因が呪詛による呪いにあったのかはわからない。

その後、淑嬪・崔氏は「張禧嬪が呪詛を行っていた」と粛宗に告げる。その報告を受けた粛宗は激怒して、張禧嬪に死罪を言い渡す。

高官たちがどんなに反対しても、王は張禧嬪の死罪を取り消さなかった。

張禧嬪は、死ぬ前に息子に会いたいと願い出た。王である粛宗は、親子の対面を許したが、張禧嬪は何を思ったのか昀の下腹部をおもいっきり握って、涙の別れを予想していた人たちを驚かせた。

昀はあまりの痛さに気を失ってしまう。そして張禧嬪は42歳で世を去った。

それから19年後の1720年に粛宗が崩御したことで、張禧嬪の息子の昀が20代王・景宗(キョンジョン)となるが、彼には子供がいなかった。

実際の原因はわかっていないが、張禧嬪に下腹部を強く握られたからではないかとされている。

(文=康 大地/コウ・ダイチ)