燕山君といえば朝鮮王朝10代王となった人物で、朝鮮王朝27人の王の中で“最悪の暴君”として知られている。

彼は、いったい何をしてそう呼ばれるようになったのだろうか。

暴君の誕生

燕山君は、9代王・成宗(ソンジョン)の長男として1476年に生まれた。

燕山君の母親は斉献王后(チェホンワンフ)だが、彼女は王の顔を引っ掻いた罪により廃妃(ペビ)となり、死罪に処されている。

そのため母親の愛を知らない燕山君はわがままに育ち、1494年に10代王として即位する。

そんな燕山君にまつわる逸話が2つあるので紹介しよう。

1つ目は鹿にまつわる話だ。

ある日、父親の成宗に呼ばれて庭にやってきた燕山君。そんな彼のもとに、成宗がかわいがっている鹿が寄ってきて衣服を舐めた。そのことに腹を立てた燕山君はその鹿を思いきり蹴飛ばし、王となった後にこの鹿を殺してしまう。

2つ目は恩師にまつわる話である。

少年時代の燕山君には2人の優秀な教師がついていた。勉強が嫌で遊びまわっていた彼に対して、教師の1人は優しく接したが、もう1人は厳しく接した。燕山君は王として即位した後、その厳しかった教師を処刑している。

そんな燕山君の生活態度は酷くなる一方で、本来は最高学府である成均館(ソンギュンガン)を酒宴場にして、毎日のように酒池肉林を行った。

それだけ傍若無人な振る舞いをした燕山君は、多くの人の命を奪う最悪の事件を起こす。

廃位となった燕山君

いったい何をしたのだろうか。

父親の成宗が周りの者に口止めしたため、周囲の者たちは誰も母・斉献王后のことを話さなかった。しかし出世欲に目がくらんだ者が、燕山君に母親が追放されて死罪となったことを話してしまう。

それを聞かされた燕山君は、一晩中泣き続けた。

その後、燕山君は母親の死に関わった者たちを処刑し、すでに亡くなっている者たちに対しては墓を掘り返して首をはねたのである。

王の暴政に我慢できなくなった庶民たちは、ハングルで「女と酒のことしか頭にない最低な王だ」など悪口をあちこちに書いた。それを知った燕山君は、庶民がハングルを使うことを禁止する。

暴君として多くの人から恨みを買っていた燕山君。そんな彼を追放しようとするクーデターが1506年に起きたが、暴政ばかり行ってきた燕山君を守ろうとする者は誰もいなかった。

結果、王宮を追放された燕山君は江華島(カンファド)に流罪となり、わずか30歳で世を去った。

王として多くの人に迷惑をかけてきた燕山君は、朝鮮王朝27人の中で最も評判が悪い。そんな彼は王になるべきではなかったのかもしれない。

(文=康 大地/コウ・ダイチ)