【ニュース提供=韓国『sportalkorea』】現在、韓国のプロサッカーリーグであるKリーグの各クラブは、過去のように勝利と優勝のためだけに存在しない。現在はファンを集めるために競技場の外に出て、ボランティアをはじめとする多様な社会貢献活動を通じて、ホームタウンとともにあろうとしている。

しかし、韓国プロスポーツクラブの社会貢献活動は不十分だ。たしかに多様に準備して頑張っているのだが、何か物足りなさを感じる。はたして何が問題なのだろうか。

これを知るために早くから社会貢献活動の重要性を認識し、活発に活動を繰り広げている日本に渡った。Jリーグ各クラブの社会貢献活動を通じて、Kリーグに必要な点が何かを把握できると思ったのだ。

『sportalkorea』は、韓国と日本のプロサッカークラブの社会貢献活動を比較分析した報道を連載する。これを通じて、Kリーグのクラブが今よりさらに良い社会貢献活動を展開することを期待する。

日本のJリーグは現在、3部リーグまで構築されている。それぞれJ1、J2、J3リーグと呼び、計57クラブが属している。

このうち、J1に属するクラブの23歳以下クラブがJ3に参加しており、その3クラブを除いた計54クラブがプロクラブだ。そして、これらすべてのクラブ公式サイトにアクセスすれば、共通した単語を見つけることができる。他ならぬ「ホームタウン活動」だ。

韓国では社会貢献活動と呼ぶが、日本では「ホームタウン活動」と呼ぶ。Jリーグのホームページには「地域に愛されるクラブになるため、Jリーグのクラブはホームタウンのファンたちと心が通じ合う多様な活動をする」と説明してある。

文章だけを見ると、KリーグとJリーグの目的の違いはあまりない。Kリーグのクラブもホームファンから愛されるため、そしてその声援に応えるために社会貢献活動を繰り広げている。

しかし、Jリーグのクラブには特別なものがあった。それは、「地域密着」だ。

サッカークラブ以上を夢見るガンバ大阪

ガンバ大阪は、J1優勝2回など、今年まで各種大会で計9回も優勝しているJリーグの名門クラブだ。今季はホーム試合で平均2万3190人を記録するなど、Jリーグ内の人気クラブとして定着している。

しかし、ガンバ大阪はまだ不足感を感じているという。

大阪府吹田市にある4万人収容可能なパナソニック・スタジアムを満員で埋め尽くし、大阪地域のどこでもガンバ大阪のことが話題になる文化を作ろうとしているからだ。

ガンバ大阪の顧客創造部ホームタウン推進課の奥出章寛課長は、「地域密着」を強調した。 それはガンバ大阪が社会貢献活動をする理由でもあるという。

奥出課長は「Gスマイルという言葉がある。ガンバ大阪と一緒に笑おうということをテーマにしている。プロサッカークラブとしての勝敗も重要だが、基本哲学としては地域社会とともにしながら愛されるクラブを目指している」と語った。

それは、ガンバ大阪の経営基本方針にもよく表れていた。

▲スポーツ文化振興に寄与する、▲サッカーを通じて社会に夢と感動を与える、▲地域に密着して地域社会の活性化に貢献する、となっている。経営基本方針に地域の重要性を強調するほど、社会貢献活動も地域を中心に行なっているという。

1試合当たり2万人以上が入場する人気クラブだけに、十分に地域とともにあるように見える。

しかし、ガンバ大阪の考えは違った。奥出課長は言った。

「地域密着を実現するには100年かかる。大阪には(歴史が)80年にもなるプロ野球の阪神タイガースがある。大阪は阪神タイガースの勝敗に揺れる。しかし、ガンバ大阪の試合結果に対する反応はそうではない」

つまり、ガンバ大阪がまだまだ地域に完全に根差していないというわけだ。

そのため、ガンバ大阪は地域とともにするために「マイ・ガンバ」というキャッチフレーズを掲げ、地域内で社会貢献活動を繰り広げている。

奥出課長は「我が町の我がクラブという認識を持っていただきたいということ。これが我々の哲学であり目標だ」と説明した。

ガンバ大阪は現在、奥出課長をはじめ5人のスタッフたちが社会貢献活動を担当している。 ガンバ大阪のジュニアユースのサッカー指導者らが小学校を訪ね、体育の授業を代わりに行なったり、知的障がい者を対象にサッカー大会も毎年、開いている。また少年院を訪ねてサッカーを教えたりもする。

特に2001年、池田市で小学生8人が死亡した殺人事件が発生した際、ガンバ大阪は当該学校の小学生を励ましケアするために、当時1年生だった生徒全員が卒業するまで1年に1回ずつホームゲームに招待した。

その後、小学生らは「ガンバ大阪の選手たちの試合を見て勇気づけられた」として、感謝の気持ちを込めた手紙を約700通送った。当時、試合を観戦した小学生のうち1人は現在、ガンバ大阪のクラブ職員として働いている。

奥出課長は「最も意義ある活動のひとつでした」と振り返り、ガンバ大阪はこのような活動を10年以上も続けていると教えてくれた。

「ホームタウン活動を続けることで、市民たちが“マイ・ガンバ”と考えてくれる。こうした活動もしないで、ただ単純にチケットを買ってくれとは言えない」

もっとも、社会貢献活動は単にチケット販売のための活動ではない。地域に貢献するサッカークラブになるための過程だというのだ。

奥出課長は、「少年院でサッカーを教えるのは、サッカーが持つフェアプレー精神とルールを教えるため。彼らが社会に出たとき、正しい市民になることを願うからだ」という。知的障がい者のサッカー大会を開催するのも同じ文脈なのだ。

ガンバ大阪は多様な活動をするが、予算はあまり多くかからないという。社会貢献活動に配分された予算は、年間2000〜3000万円(約2億〜3億ウォン)。社会貢献活動のためだけのスポンサー募集で予算の相当部分を充当しているという。

ガンバ大阪は、サッカーを媒介とする社会貢献活動を通じて、集客行為を超えた地域内でひとつの文化を作ろうとしているのだ。

「我々のクラブは、単にサッカーの試合に観客を誘致することを目的としていない。社会貢献をするクラブを志向している」と強調した奥出課長。これこそが、ガンバ大阪が社会貢献活動に力を入れている理由なのだ。(つづく)

※この記事は『韓国言論財団』の取材支援を受けて取材が行われた企画です。

(文=『sportalKorea』キム・ソンジン/構成=ピッチコミュニケ―ションズ)