朝鮮王朝19代王・粛宗(スクチョン)と側室の叔嬪・崔氏(スクビン・チェシ)との間に生まれた21代王・英祖(ヨンジョ)は、在位中に人権に配慮した政策を実施するなどの功績を立てたが……。

英祖の誕生

1720年に朝鮮王朝19代王・粛宗が亡くなった。その後を継いだのは、朝鮮王朝3大悪女の1人である張禧嬪(チャン・ヒビン)との間に生まれた20代王・景宗(キョンジョン)だ。

彼は、名君になれる素質があった。

しかし、身体は病弱であり、そこに目をつけたのが老論派(ノロンパ)だった。このときにある派閥争いが起きている。

争いを起こした2つの派閥は、老論派と少論派(ソロンパ)だ。

もともとは西人派(ソインパ)という1つの派閥だったが、実権を握った際に内部で対立を起こして派閥が分裂したのだ。一方の小論派は景宗を支持し、もう一方の老論派は粛宗と叔嬪・崔氏の間に生まれた延礽君(ヨニングン)を支持した。

どちらも相手の派閥を落とすために、あらゆる手段を用いる。その派閥争いの影響で、何人もの官僚が処罰され、政治は混乱するばかりだった。結果的として政権を掌握したのは景宗を支持していた少論派で、老論派は追放されてしまう。

しかし、身体が弱かった景宗はわずか在位4年2カ月で世を去ってしまい、少論派の天下は終わりを迎えた。

本来なら景宗の子供が後継ぎになるのが当然だが、彼には子供が1人もいなかったので、異母弟の延礽君が21代王・英祖として即位した。それにより、一度は追放された老論派が息を吹き返した。派閥闘争とは名ばかりで、最終的に誰が王になるかで盛衰がはっきりするのである。

英祖が行なった政策

王になった英祖は、少論派への弾劾を最小限に抑えた。

「こういった争いを繰り返せば、再び怨讐を生むだけだ」と考えていた彼は、蕩平策(タンピョンチェク)という政策を採用した。これは各派閥から有能な人材を採用する政策で、それによって激しく行われていた党争が静まったのである。

それからも英祖は、国防の強化や苛酷な刑罰の禁止、減税や庶民の官吏登用試験などで、どんどん成果を上げていった。朝鮮王朝では厳しい身分制度が続いていたが、その中で少しでも人権に配慮した政策が行なわれるようになったのは英祖の功績だ。

彼のような博愛主義的な王は今まで存在しなかった。しかし、まったく問題を起こさなかったわけではない。

英祖には2人の子供がいた。長男の孝章(ヒョジャン)は1719年に生まれたが、わずか9歳で病死してしまう。それから16年後の1735年に荘献(チャンホン)が生まれた。彼は生まれつき聡明だった。

荘献は2歳のときに、儒教の教典を暗唱したといわれている。その後もたびたび大人を驚かせた彼は、将来は名君になると期待されていた。

しかし、彼は10歳のときにいくつかの政策を批判して、老論派から警戒されるようになる。(つづく)

(文=康 大地/コウ・ダイチ)