フランス、ボルドー地方の老舗ワイナリーが伝統技術を生かして造った日本酒やワインの常識にとらわれないお米とぶどうをブレンドしたまったく新しいライスワイン「LE GUISHU(ル・グイシュ)」。2019年の夏に発売以来、待望の3種類の新作が2021年3月18日(木)までの期間、応援購入サービス「Makuake」で登場する。


そもそもフランスのお米の生産量は日本の100分の1程度の量といわれている。フランスのボルドー地方で200年続くボルドーワイン生産者オリヴィエ・シェブレット氏が、稲作地帯であるカマルグで栽培される香り高い希少なお米に注目。2013年からライスワインの試作作りに挑戦し、失敗を繰り返しながら、2016年についに完成品をボトリングすることに成功した。



フランス産のお米で醸造したライスワイン「LE GUISHU UMAMI(ル・グイシュ ウマミ)」。赤米と白米をブレンドし、爽やかなオレンジのような香りが、まるでデザートワインのよう。中華料理やすき焼きなどの料理にぴったり。



「LE GUISHU Non filtre(ル・グイシュ ノン フィルター)」は、南国のフルーツのような華やかな香りと爽やかなお米の甘みが感じられるライスワイン。ノンフィルターという名前の通り、少し澱(おり)が残っているので、瓶をゆっくり振って7〜10℃に冷やして飲むのがおすすめ。


ボルドー地域のソーヴィニヨンブランで作った「LE GUISHU Assemblage(ル・グイシュ アッサンブラージュ)」は、お米の風味を損なわない絶妙なバランスであるお米80%(ライスワイン)と、ぶどう(白ワイン)20%の割合でブレンド。お寿司や天ぷらなどの魚料理と相性がよい。



2019年に日本に初上陸した「LE GUISHU Assemblage(ル・グイシュ アッサンブラージュ)」。アルマニャックでも使われるぶどう・コロンバールで醸造し、ライチやグレープフルーツのような香りを感じさせてくれる。



200年以上の歴史を誇るフランスのワイナリーが挑戦した日本酒とワインの融合、ライスワイン。ぶどうのフルーティーさを感じながらほのかに香るお米の甘み。日本酒でもなくワインでもない新感覚を味わってみてはいかが。

ル・グイシュ
販売期間:2021年2月16日(火)〜3月18日(木)
先行販売価格:7,500円〜(2本セット・税込)
発送:4月中旬から順次発送予定
販売Webサイト:https://www.makuake.com/project/guishu


source:PR TIMES