火を起こし、眺めたり、使ったりすることはキャンプの醍醐味だ。昨今のアウトドアブームで関心が高まっているのが「焚き火台」である。


この記事では、キャンプ初心者に向け、


・焚き火台とは何か?
・選ぶときのポイント
・おすすめの焚き火台


について詳述する。

焚き火台とは何か?


焚き火台とは薪を載せて「焚き火」をする「台」のこと。その発祥は1996年、日本のアウトドアグッズメーカーのスノーピークが発売した商品とされている。それまでは、地面で直接焚き火を起こしたり、脚の長いBBQ台を使うことがもっぱらだった。


焚き火台が誕生し、一気に普及した背景には、地面にダメージを残さぬようにとの配慮と、チェアやラグを使ったロースタイルでのキャンプの流行があるようだ。現在では、焚き火台を使用した焚き火しか認められていないキャンプ場も多く、焚き火台はキャンパーの必携品となっている。


また、一人で出かける「ソロキャンプ」の流行によって、かなりの小型でポータブル性に優れた焚き火台も登場している。少し調べてみると、素材やデザイン性も含め、バリエーション豊かになっていることに驚くだろう。

選ぶときの着眼点を知ろう

焚き火台のバリエーションは多い。それぞれの用途と機能を知ることで、自分のキャンプスタイルに合った、間違いのない焚き火台を選ぶことができる。選ぶ際のポイントを見ていこう。

ただ火を眺めるか、調理にも使うか


まず大きく分かれるのが、焚き火台の用途。火を眺めるためだけに使うのか?その火を利用して調理をしようとしているのか?お湯を沸かす程度ならどの焚き火台でも可能だが、重い鍋を(それも複数)使って料理するつもりなら、それなりのサイズと強度が必要になる。


商品によっては、バーベキュー用の焼き網や、鍋をのせるための五徳付きのものもあるので、調理を前提に考えているなら、このあたりの付属品も選ぶポイントとなる。

参加人数によってサイズを検討

さらに、焚き火台のサイズを決めるときにポイントとなるのがキャンプの参加人数である。一般に販売されている薪のサイズは長さが30〜40cmであることを頭に入れておくといいだろう。いくつも鍋を載せて調理することができる大型の焚き火台なら薪が余裕で載る。


一方、火を眺めることが主目的で調理は小鍋程度に限られるものだと薪が焚き火台の燃焼台を占める感じになる。薪をカットしないと入らないような小型の焚き火台だと、火を起こすまでに薪割りの一手間が増えるので注意が必要だ。さらにコンパクトなものでは小枝程度しか使えないものもある。


移動手段によって重量を考えよう

また重要なのが、持ち運びが楽かどうかという点。キャンプ場へ向かう交通手段が、車かバイクか徒歩(人力のみ)かで、運べる焚き火台のサイズや重量も当然変わってくる。車で移動するなら、重く大きくても構わないが、徒歩や公共交通機関での移動となると、選択肢は軽便なものに限られる。


見逃しがちなのが、組み立てやすさ、使用後の掃除のしやすさ。繰り返し使うことを思うと、これらは意外と重要なファクターと言える。また、収納時にコンパクトに折りたためる/分解できるものは、省スペースのための心強い味方になる。

定番vs革新!焚き火台のおすすめ6選

焚き火台の機能、長所と欠点はその形状に現れる。それでは実際の商品を見ながら、それぞれの特徴をつかんでほしい。

スノーピーク 焚火台 L[3-4人用]

▲出典:スノーピーク


スノーピークは新潟・三条市に本社を置くアウトドア総合メーカー。1958年創業。この商品は焚き火台が誕生するきっかけとなったスノーピークの代表的アイテム。


逆四角錐のシンプルな形状で、開いて置くだけと設営も楽々。3〜4人用だが、人数が少なくてもLサイズの火の存在感を満喫することができる。オプションで、焚き火調理用グリルブリッジや焼き網、鉄板なども販売している。

サイズ:展開時455×455×315mm、収納時560×640×32mm
重さ:5.5kg
素材:ステンレス
税込価格:17,160円
同梱品:収納ケース

ユニフレーム ファイアグリル

▲出典:ユニフレーム


新潟・燕市で1985年に創設されたアウトドア用品メーカー。この焚き火台は、調理の利便性を念頭に置いて設計されている。ファミリーキャンプにちょうどいいサイズで価格もリーズナブル。


網を45度ずらしてファイアグリルにセットする構造で、四隅に空きができ、そこから炭の調整がしやすい。網のはみ出し部分は焼けた食材の保温スペースに使える。2.7kgと軽量でありながら、ダッチオーブンなど重量のある鍋も安心しておけるウェイトバランスと頑丈さも頼もしい。

サイズ:展開時430×430×330mm、収納時380×380×70mm
重さ:2.7kg
素材:ステンレス(炉、ロストル)、鉄・クロームメッキ(スタンド、焼き網)
税込価格:7,500円
同梱品:ロストル、焼き網

コールマン ファイアーディスク(TM)

▲出典:コールマン


コールマンは1900年にアメリカ・オクラホマで生まれた老舗キャンプ用品メーカー。オーバル形の魅力的なフォルムの燃焼皿が特徴的なこの焚き火台は、薪を美しく組むことができ、炎をあらゆる角度から眺めることができる。


付属の焼き網は、炭の出し入れをしやすい形状になっており調理もノーストレス。耐荷重量約30kgでダッチオーブンにも対応。脚を出す/収納するだけの簡単設計で、設営も撤収もあっという間にできる。収納時の厚さはわずか10cmとコンパクトだ。


▲出典:コールマン

サイズ:展開時直径450×高さ230mm、収納時直径460×85mm
重さ:1.6kg
素材:ステンレス
税込価格:6,980円
同梱品:焼き網、収納ケース

DOD めちゃもえファイヤー

▲出典:DOD


DODはウサギのロゴマークで知られる大阪発の個性派アウトドアブランド。この焚き火台は、独自の二層構造を持ち、通常の焚き火では見られない「二次燃焼」の炎が眺められることが特徴。


二次燃焼とは、一次燃焼で燃え切らなかった可燃性ガス(通常は煙となって排出)を燃焼させるもので、燃焼効率が高く(少ない薪で十分な炎が楽しめる)、煙が少ないというメリットがある。ただ薪に火をつけて燃やすのとは一味違う、こだわりのスタイルを仲間にもほかのキャンパーにもアピールすることができる。


40cm程度の市販の薪がぴったり収まる無駄のない設計。引き出し型のアッシュトレイで灰の片付けも楽ちんだ。美しい炎を「見る」ことに特化した焚き火台というのもオツなもの。


▲出典:DOD

サイズ:展開時450×165×370mm、収納時450×190×250mm
重さ:7.7kg(付属品含む)
素材:ステンレススチール(本体)、スチール(テーブル)
税込参考価格:15,125円
同梱品:アッシュトレイ、ロストル、スチールテーブル、キャリーバッグ

LOGOS カマドラム

▲出典:LOGOS


LOGOSは1985年に大阪で誕生したキャンプ用品メーカー。本格仕様ながら価格抑えめで、日本のアウトドア人口増加に貢献したとされる。この商品は、手間をかけずに焚き火、かまど調理、七輪の3ウエイで使用できる画期的な焚き火台。


かまどと七輪を使い分ければ、焼きものから煮込み料理まで多様な料理が可能で、キャンプ料理のバリエーションが格段に増える。設営も撤収もパーツを重ねるだけと簡単。キャンプのシーンに合わせてフル活用することができる。

サイズ:展開時305×305×250mm、収納時305×305×160mm
重さ:2.6kg
素材:亜鉛メッキ鋼板、スチール、ステンレス
税込価格:11,990円
同梱品:灰受け、収納バッグ

Sherry’s 焚き火台「B-1」

▲出典:Makuake


東京・葛飾区の町工場「永島製作所」が“下町の技術力”を発揮して開発した焚き火台。サイズを4パターンに変えることができるので、用途によってジャストサイズでの使用が可能に。


6枚のプレートで構成されているが、分解するとA4サイズになるのでコンパクトに収納することができ、小脇に抱えて持ち運ぶこともできる。またプレート部分は半分にすると、キャンドル立てとしても使える(アロマキャンドルや虫除けに)。クラウドファンディング商品で、一般販売は8月下旬の予定。


商品詳細については以下の記事を参照

サイズが4パターンに変えられる焚き火台が登場。用途によって使い分けでき、ソロキャンプから大きな焚き火まで

焚き火の基本を押さえておこう

焚き火はテントやタープなどから離れた場所で行う。キャンプサイトも最も風下の場所を選ぶ。草や木が茂るところのそばは避ける。近くに可燃性のもの(キャンプ用品、チェアなど)を置かない。急な突風が吹いても、炎が何かに引火しないよう細心の配慮が必要だ。


すでに述べたとおり、最近のキャンプサイトでは焚き火台の使用を義務付けているところが多いが、たとえ焚き火台を使う場合でも芝生の上などは避けるのがマナー。

焚き火を起こすポイントをおさらい


火を起こすのは思ったよりも難しいもの。ポイントは、「小さな炎から大きな炎へ」だ。焚き火台の燃焼皿の中心に着火剤や新聞紙を置く。その上に、小枝や細目の薪を組んで着火剤部分に火をつける。


新聞紙は固く丸めると燃えにくいので軽く丸める程度に。着火剤や新聞紙がないときは油分の多いマツやスギの枝、枯れ葉、木の皮や松ぼっくりなどが比較的燃えやすい。最初の火がしっかりと燃えたのを確認してから、中くらいの薪を、さらには大きめの薪をくべていくといい。


薪を組む際は、着火する付近の通気に気を配ること。薪や炭が密になっていると酸欠状態になって、せっかく燃え上がった火がすぐに消えてしまうことになる。薪同士の間隔が適度に空いた状態だと酸素が行き届くので炎が勢いよく燃える。


調理用には火力が安定している熾火の状態がいい。炎が落ち着くのを待って、調理を始めるようにしよう。


焚き火は、自然に燃え尽きるのが理想の終え方だが、やむを得ないときは水をかけて消化する。灰や燃え残りの薪はキャンプサイトのルールに従ってきちんと処理をすること。

揃えておきたい、焚き火の必須道具5つ

1.柄のついたライター

ビギナーに多いのが着火の際のやけど。柄のついたライターや軸の長いマッチを使って、着火点や残り火から離れたところから点火するようにしたい。

2.着火剤/新聞紙など

ビギナーは、薪を組んで下から火をつければよいと考えがちだが、甘い。薪や炭に着火するのは至難の技だ。一旦ついたと思ってもすぐに消えてしまうことも多々。ましてや、燃料が湿っていたり、環境がウェットな状態だったりでは尚更のこと。着火剤や新聞紙、段ボールの切れ端などは薪や炭以上に大切なものと心得るべし。

3.軍手/耐火・耐熱グローブ

焚き火の炎はもちろん、焚き火台も調理器具も高熱を帯びる。素手はもってのほかであることは言うまでもない。最低でも軍手を(熱された金属などを持つと、軍手をしていても火傷を負うことがある)。耐火・耐熱素材のグローブをぜひ備えてほしい。

4.トング

調理にも薪や炭の移動にも役立つのがトング。ただし、火のそばで長時間使用すると、トング自体が熱を帯びて火傷の原因になるので要注意。

5.消火用バケツ

火を確実に消して、フィールドをもとの状態に戻すところまでやってようやく焚き火というアクティビティーが終わる。薪や炭に火をつける前に、バケツには水を入れておくこと。


▼あわせて読みたい

燃えない、切れない、傷まない!アウトドア手袋は消防士と同素材で耐久性抜群。物をつかみやすく利便性◎

キャンプのハイライトを美しく効果的に演出


火のないキャンプは味気ない。焚き火と焚き火調理はキャンプのハイライトだ。ここまで述べた解説を熟読し、おすすめの商品を比較検討して、あなたのキャンプスタイルに合致した最高の焚き火台を手に入れてほしい。後はフィールドを目指すだけ!