大谷翔平はなぜロサンゼルス・ドジャースを選んだのか?スポーツ界における史上最高額契約となった驚愕(きょうがく)の「1015億円」契約の意味とは?2024年シーズンの大谷翔平は打者専念でどんな記録が期待できる?2度目の右ひじ手術を経て、二刀流の復活は本当に可能か?福島良一、村田洋輔、DJケチャップという、メジャーリーグを愛する事情通の3人がそれらについて語り尽くした『ドジャース大谷翔平を徹底解剖!MLBを100倍楽しむ本 2024年版』(宝島社)から4回に分けて抜粋記事を制作。第1回の今日は、大谷翔平が今季ともに戦う“最強打線”の呼び声が高いドジャース野手陣の面々について。

大谷翔平が“最強打線”を組むドジャースの主力野手まとめ【8選手名鑑】

『ドジャース大谷翔平を徹底解剖!MLBを100倍楽しむ本 2024年版』(宝島社)¥1,320

通算打率3割超の「安打製造機」/フレディ・フリーマン(一塁手)

大谷翔平が“最強打線”を組むドジャースの主力野手まとめ【8選手名鑑】

「オールMLB」の表彰が始まった2019以降、5年連続で選出されているメジャー唯一の選手。守備・走塁面の貢献度も高い選手だが、とくに打撃面の安定感は素晴らしく、メジャー14年間の通算打率は3割を超えている。ブレーブス時代の2020年は、開幕前に新型コロナに感染して高熱に苦しまされたものの、シーズンに入ると全試合出場で打率3割4分1厘、OPS1.102と見事な活躍を見せMVPを受賞。ドジャース移籍2年目の昨季は、1試合しか欠場せず、球団新記録となる59本の二塁打を放っただけでなく、自身初のシーズン200安打を達成し、MVP投票では同僚のベッツに次ぐ3位となった。12度の敬遠はリーグ最多。また
23盗塁は自己最多を大きく更新したが、状況判断が非常にうまく、盗塁失敗は1度だけ。今季は3番打者として大谷の後ろを打つことが予想され、大谷が勝負を避けられるシーンは激減するはずだ。

1989年9月12日生/196cm・100kg/右投左打/15年目

2023年シーズン成績
試161、率.331、本29、点102、盗23、OPS .977

メジャー最高の「5ツール・プレーヤー」/ムーキー・ベッツ(二塁手)

大谷翔平が“最強打線”を組むドジャースの主力野手まとめ【8選手名鑑】

メジャーを代表する「5ツール・プレーヤー」の一人。ゴールドグラブ賞を6度受賞している名右翼手だが、もともとは二塁手であり、2020年のドジャース加入後は毎年数試合だけ二塁を守っていた。しかし、昨季はチーム事情もあって二塁手としての出場機会が激増。遊撃手としても12試合にスタメン出場するなど、球界最高のユーティリティー・プレーヤーへと進化を遂げた。打撃面では5年ぶり2度目の打率3割をマークしただけでなく、自己最多の39本塁打を記録。うち12本は先頭打者アーチで、アルフォンゾ・ソリアーノ(元広島、元ヤンキース)が持つシーズン最多記録まであと1本に迫った。2年連続6度目となるシルバースラッガー賞を受賞し、MVP投票では5年ぶり2度目の受賞は逃したものの、2位票を独占してロナルド・アクーニャJr.(ブレーブス)に次ぐ2位にランクイン。今季は正二塁手として起用される予定だ。

1992年10月7日生/175㎝・82㎏/右投右打/11年目

2023年シーズン成績
試152、率.307、本39、点107、盗14、OPS .987

捕手ではメジャー屈指の打撃力/ウィル・スミス(捕手)

大谷翔平が“最強打線”を組むドジャースの主力野手まとめ【8選手名鑑】

昨年3月に行われたワールド・ベースボール・クラシックのアメリカ代表にも選ばれた強打の捕手。2019年にメジャーデビューすると、54試合で15本塁打を量産し、翌2020年は短縮シーズンながら自己最高のOPS.980をマークした。2021年からは正捕手として起用されるようになり、2年連続で24本塁打以上を記録。2022年には自己最多の87打点を叩き出した。昨季はやや成績を落としたものの、それでも20本塁打、80打点に迫る数字を残し、メジャー5年目にして初のオールスター・ゲーム選出。両リーグ最多タイの12犠飛を放ったように、要所でしっかりと仕事をこなせる勝負強さも持ち合わせている。強打のイメージが強いが、守備面でも年々安定感を増しており、昨季は自己ベストの守備防御点+12をマーク。選球眼のよさも含めて総合力が高く、現在のメジャーを代表する捕手の一人と言っても過言ではない。

1995年3月28日生/178cm・88kg/右投右打/6年目

2023年シーズン成績
試126、率.261、本19、点76、盗3、OPS .797

2018年以降に35本塁打以上を4度/マックス・マンシー(三塁手)

大谷翔平が“最強打線”を組むドジャースの主力野手まとめ【8選手名鑑】

2018年以降の6年間でシーズン35本塁打以上を4度も記録している長距離砲。2022年は打率1割9分6厘、21本塁打と不振に喘(あえ)いだが、昨季は自己最多タイの36本塁打、自己最多の105打点を記録するなど巻き返した。2015〜16年にアスレチックスで合計96試合に出場したものの、2017年開幕直前に解雇。マイナー契約でドジャースに拾われ、翌2018年から主軸打者として活躍を続けている。一塁、二塁、三塁を守れる器用さを持つが、昨季は三塁に固定。オフには2025年まで(球団オプションを含めると2026年まで)契約を延長している。

1990年8月25日生/183㎝・98㎏/右投左打/9年目

2023年シーズン成績
試135、率.212、本36、点105、盗1、OPS .808

内外野でスタメンを張る便利屋/クリス・テーラー(左翼手)

大谷翔平が“最強打線”を組むドジャースの主力野手まとめ【8選手名鑑】

一塁を除く内外野6ポジションを守るユーティリティー・プレーヤーとしてチームを支える選手。2016年6月にマリナーズからドジャースへ移籍すると打撃開眼し、翌2017年は自己最多の21本塁打を放った。自身2度目のシーズン20本塁打を記録した2021年にはオールスター・ゲーム初選出。ここ2年間は打撃成績を落としているものの、それでも2桁本塁打&2桁盗塁を達成している。2021年のリーグ優勝決定シリーズ第5戦では3本塁打の大暴れ。外野が手薄というチーム事情もあり、今季は左翼を守る機会が多くなりそうだ。

1990年8月29日生/185㎝・89㎏/右投右打/11年目

2023年シーズン成績
試117、率.237、本15、点56、盗16、OPS .746

2年目の昨季は120安打、23本塁打/ジェームズ・アウトマン(中堅手)

大谷翔平が“最強打線”を組むドジャースの主力野手まとめ【8選手名鑑】

昨季メジャー2年目でレギュラー定着を果たし、新人王投票で3位にランクインした若手外野手。2022年にマイナー4試合で2度のサイクル安打を達成、打率2割9分4厘、31本塁打、106打点、OPS.978の好成績を残し、その実力をメジャーの舞台でも発揮した。4月に月間最優秀新人を受賞したあと、一度は失速したものの、そこから巻き返して8月に2度目の月間最優秀新人に選出。中堅の守備も安定していた。2018年ドラフト7巡目指名と、けっして注目の存在ではなかったが、そうした選手の成長と活躍がドジャースの強さを支えている。

1997年5月14日生/191㎝・98㎏/右投左打/3年目

2023年シーズン成績
試151、率.248、本23、点70、盗16、OPS .790

ゴールドグラブ賞5度受賞の実績/ジェイソン・ヘイワード(右翼手)

大谷翔平が“最強打線”を組むドジャースの主力野手まとめ【8選手名鑑】

新天地ドジャースで復活を遂げたベテラン外野手。かつては外野守備の名手として活躍し、ゴールドグラブ賞を5度受賞。8年契約でカブスに加入した2016年にはワールドシリーズ制覇も経験した。ところが、打力低下で高額年俸に見合う働きができなくなり、契約を1年残して2022年11月に解雇。マイナー契約でドジャースに加入し、2023年シーズンは15本塁打、124試合でOPS.813をマークした。その活躍が認められ、オフに1年900万ドルで再契約。今季も「対右腕用の右翼手」として300打席以上の出場機会を得ることになりそうだ。

1989年8月9日生/196㎝・109㎏/左投左打/15年目

2023年シーズン成績
試124、率.269、本15、点40、盗2、OPS .813

正遊撃手へ期待も昨季は故障で全休/ギャビン・ラックス(遊撃手)

大谷翔平が“最強打線”を組むドジャースの主力野手まとめ【8選手名鑑】

2016年ドラフト1巡目(全体20位)指名で入団し、2019年にはマイナーで打率3割4分7厘、26本塁打の好成績を残して「ベースボール・アメリカ」が選ぶマイナーMVPに選出された。遊撃にシーガー(現レンジャーズ)やターナー(現フィリーズ)がいた関係で、昇格後は二塁手として起用され、2022年は自己最多の129試合に出場して打率2割7分6厘を記録。ターナーが移籍した昨季はレギュラー獲りの大チャンスだったが、オープン戦で右ひざに重傷を負って全休した。2年ぶりのメジャー復帰となる今季は正遊撃手定着を目指す。

1997年11月23日生/188㎝・86㎏/右投左打/5年目

2023年シーズン成績
出場なし

※本記事は2023年12月28日時点の情報を元に作成しております。ご了承ください。