日本代表は2024年の1月1日に開催される『TOYO TIRES CUP 2024』で、タイ代表と対戦する。

 現状では、アジアカップ前最後の強化試合となるこの一戦のメンバー23人が、12月7日に発表された。年末や年始にクラブの試合がある三笘薫(ブライトン)、遠藤航(リバプール)、久保建英(レアル・ソシエダ)、鎌田大地(ラツィオ)、守田英正(スポルティング)、古橋亨梧(セルティック)らは選外となった。

 一方で、GKの野澤大志ブランドン(FC東京)と伊藤涼太郎(シント=トロイデン)が初選出されている。

 では、タイ戦のスタメンはどうなるのか。アジアカップに向けた“選考の場”と見るのか、“調整試合”と考えるのかによって、メンバーも変わってくるだろうが、後者の意味が強いと見る。
【PHOTO】2024年元日開催のタイ戦に挑む日本代表招集メンバーを一挙紹介!
 そもそも、現在の日本代表は人材が豊富で、「誰を選ぶか」より「誰を落とすか」が悩ましい状況だ。人材発掘のためにテストをする機会にする可能性は高くない。

 また、アジアカップの登録メンバーの発表が、タイ戦の当日ともリリースされており、試合のパフォーマンスを見て、じっくり選考している時間もない。キックオフ時点でメンバーはほぼ固まっているはずだ。

その観点に立てば、コンディションさえ問題がなければ、できる限りベストメンバーを送り出すのはないか。攻撃時は4−1−4−1にもある可変型の4−2−3−1で、先発イレブンを予想した。

大迫敬介(サンフレッチェ広島)が怪我で選外となったGKは、鈴木彩艶(シント=トロイデン)だ。右SBは菅原由勢(AZ)で、CBは谷口彰悟(アル・ラーヤン)と板倉滉(ボルシアMG)のコンビ。後者が10月に足首の手術を受け、まだ実戦復帰をしていないのが気掛かりだが、森保一監督は会見でプレーできると発言しており、問題はなさそうだ。

 心配なのは、左SBの伊藤洋輝(シュツットガルト)で、故障のためにすでにクラブから離脱している。こちらは間に合うかどうかは微妙なところで、出番のなかった9月シリーズ以来の復帰となった森下龍矢(名古屋グランパス)を先発と見立てた。
 
 遠藤と守田が不在のボランチは田中碧(デュッセルドルフ)と、11月シリーズで上々の代表デビューを飾った佐野海舟(鹿島アントラーズ)か。6月シリーズで招集されながら、怪我で離脱した川村拓夢(サンフレッチェ広島)がスタメンならサプライズだ。

 注目の2列目は伊東純也(スタッド・ドゥ・ランス)、南野拓実(モナコ)、中村敬斗(スタッド・ドゥ・ランス)の“フランス勢トリオ”。三笘や久保、鎌田がいなくても、クラブで復調傾向の堂安律(フライブルク)が控えに回る可能性が小さくないという事実が、日本の選手層の厚さを物語っている。
 
 1トップは、コンディションが万全なら、11月のワールドカップ予選で2戦5発の上田綺世(フェイエノールト)が起用されるだろう。

 このメンバーであれば、元旦から景気のいいゴールラッシュも期待できそうだ。

文●江國 森(サッカーダイジェストWeb編集部)

「日本は豪華すぎる」三笘や久保は選外でも...森保Jのタイ戦メンバーに中国驚嘆!「ミトマらは欠場だ」

「こいつはすげぇ能力」内田篤人が絶賛した元日本代表戦士がまさかの“不満”を告白「アドバイスを訊いても、全然教えてくれなかった」

久保建英が23年の“市場価値上昇額”で世界14位!それを上回る64億円増の日本人選手は?