WEリーグは10月31日、第7節の4試合を各地で開催。アルビレックス新潟レディースを下した日テレ・東京ヴェルディベレーザが順位を2つ上げて2位となり、ジェフユナイテッド市原・千葉レディースに敗れて連敗となった三菱重工浦和レッズレディースは4位に後退した。

 前節に今季初黒星を喫した浦和Lは敵地で千葉Lと対戦。開始3分に千葉Lの田中真理子、42分には大澤春花にゴールを許し、前半だけで2点のビハインドを背負う。後半の74分に菅澤優衣香が1点を返すも、反撃もここまで。浦和Lはこれで連敗となった一方、前節に今季初勝利を挙げている千葉Lは連勝を飾り、5位に順位を上げた。

 ホームに新潟Lを迎えたベレーザは、2-0で完封勝利。12分に相手のオウンゴールで先制すると、72分に小林里歌子が加点。勝点3を上積みし、4位から2位にジャンプアップした。

 大宮アルディージャVENTUSとのアウェーゲームに臨んだAC長野パルセイロ・レディースは、3-1で完勝。6分に瀧澤莉央、39分に瀧澤千聖、81分に五嶋京香がゴールネットを揺らす。大宮Vは76分に井上綾香が一矢報いたが、勝点奪取はならなかった。

 サンフレッチェ広島レジーナ対ノジマステラ神奈川相模原は、両チームとも好機を活かせず、0-0のスコアレスドローで勝点1を分け合った。
 
 なお、30日に行なわれた、ちふれASエルフェン埼玉対INAC神戸レオネッサは、後者が成宮唯の得点で1-0の勝利。INAC神戸は開幕から無傷の6連勝で首位の座をキープしている。

第7節の結果は以下のとおり。
▼10月30日開催分
AS埼玉 0-1 INAC神戸
▼10月31日開催分
千葉L 2–1 浦和L
広島R 0–0 N相模原
大宮V 1–3 AC長野
ベレーザ 2–0 新潟L

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】清水梨紗、塩越柚歩、仲田歩夢!試合に華を添える注目の“WEリーガー”を厳選!