現地時間11月2日に行なわれたチャンピオンズ・リーグ(CL)のグループステージ第4節で、勝点6でF組の首位に立つマンチェスター・ユナイテッドが、勝点4で3位のアタランタと敵地で対戦。1-2で突入した後半アディショナルタイムで、クリスチアーノ・ロナウドの同点弾が生まれ、辛くも2-2のドローで終えた。

 オレ・グンナー・スールシャール監督の進退問題も取り沙汰されるなか、窮地で踏みとどまったユナイテッドの勝負強さには驚きの声が広がっている。

 しかし、この試合を中継した『BT Sports』で、解説として参加していたポール・スコールズは、先発し、69分までプレーしたフランス代表MFポール・ポグバのパフォーマンスを酷評。「35歳にもなって”子守り”が必要なのか?」と痛烈にこき下ろしている。

「常にフィールドを漂っている妖精のようだったよ。彼には常にお目付け役がついていなければならない。彼が尊敬する人がそばにいて尻を叩かなければ仕事ができないんだ。いったい何歳の大人の振る舞いだ?28歳だったか?この調子なら年を重ねても変わらないだろう」

 そして、「ポールの最大の欠点は集中力だ」と述べている。

「彼が活躍したユベントスでの状況を思い出してくれ。アンドレア・ピルロ、ジョルジ・キエッリーニ、レオナルド・ボヌッチ、ジャン・ルイジ・ブッフォン、そしてアグレッシブな監督が揃ってはじめて、彼のパフォーマンスを引き上げていた。このままでは35歳までこうしたフォローがないと期待には応えられないだろう」

【動画】C・ロナウドの劇的同点弾で辛くも難敵アタランタとドロー! ショートハイライトをチェック
 また、同席していたユナイテッドOBのリオ・ファーディナンドも「母国代表でプレーしているような良さはない」と評している。

「彼自身、ユナイテッドのユニホームに腕を通した自分のパフォーマンスが、期待されたレベルに達していないことを認めるだろう。彼に必要なのは、力量を発揮できなければプレーすることが叶わないという恐怖かもしれない。もし、(スコールズの言うように)彼に喝を入れられるとしたら、それはクリスチアーノだろう。ロッカールームでの振る舞いが注目される」

 先日も、0-5で大敗したリバプール戦で途中出場しながらもレッドカードで退場した振る舞いを批判されていたポグバ。現地メディアによれば、この試合後にポグパはチームメートに謝罪したようだが、スールシャール監督には何も告げなかったと報じられている。

 ユナイテッドは6日、リーグ第11節マンチェスター・シティとのダービーマッチを控えている。ピッチ内外での振る舞いが注目されるポグバは出場が叶わないが、今後、先輩たちの期待に応えるパフォーマンスを発揮できるだろうか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】「美人すぎる」、「セクシーすぎる」フットボーラーの妻&恋人たち

【PHOTO】C・ロナウド、ネイマール、アグエロ、エジル、ポグバetc…世界的名手たちが誇るスーパーカーを厳選&一挙紹介!