[J1第34節]横浜0-1G大阪/11月3日/日産スタジアム

【チーム採点・寸評】
横浜 5.5
前節から5選手を入れ替えて臨んだが、結果として奏功せず。守備的に戦う相手に対して押し込む時間は長くても、チャンスらしいチャンスをほとんど作れていない。勝ち続けるしかない状況で敗戦。川崎の連覇を許してしまった。

【横浜|採点・寸評】
GK
1 高丘陽平 5.5
守備面で大きなミスはなく、バックパスの処理もしっかりこなした。失点を防ぐのは難しかった。

DF
27 松原 健 5.5
“らしい”球出しもあったが、肝心なところでのミスもあった。失点時は結果的にスペースを使われた。

DF
13 チアゴ・マルチンス 5.5
ビルドアップの場面で変化をつけられず。守備面でもより高いレベルのパフォーマンスを求めたい。
 
DF
19 實藤友紀 5.5
終盤は前掛かりにポジションを取ったが実らなかった。この試合でもクロス対応に不安を残す結果に。

DF
5 ティーラトン 5.5(78分OUT)
序盤は前方の前田を巧みに使って攻撃をサポート。しかし時間の経過とともに存在感が薄れてしまう。

MF
6 扇原貴宏 5.5
狙い澄ましたミドルシュートは惜しくも枠の上へ。左サイドへ流れる動きでアクセントになった。

MF
24 岩田智輝 5(71分OUT)
期待値が高いだけに明らかに物足りない。アグレッシブさやダイナミックさが影を潜めている。
 
MF
10 マルコス・ジュニオール 5.5(78分OUT)
ボールを受けて、周りを使い、リズムをもたらす。しかし違いを生み出すことはできなかった。

FW
7 エウベル 5(84分OUT)
スペースを消された状態で持ち前のドリブル突破は冴えず。松原との連係面にも課題を残す。

FW
9 レオ・セアラ 5.5(78分OUT)
バー直撃のオーバーヘッドキックなど惜しい場面はあったが、周囲との連係で崩す試みは少なかった。

FW
38 前田大然 5.5
スプリント能力を存分に発揮してチャンスメイク。ただし自身が決められるシーンは皆無に等しい。
 
途中出場
FW
23 仲川輝人 5.5(71分IN)
出場直後の74分に放った左足シュートはわずかに枠外へ。天と地の差とも言えるワンプレーだった。

FW
41 杉本健勇 −(78分IN)
87分に放った乾坤一擲のヘディングシュートを決めきれず。ゴールへ向かう迫力は見せつけたが……。

DF
25 小池龍太 −(78分IN)
最近は左SBでの出場が増えているが、本職の右SBよりもさまざまな面で性能が落ちてしまう。

MF
14 天野 純 −(78分IN)
杉本にピタリと合わせた左CKは秀逸。しかし流れの中から決定機を作ることはできなかった。

FW
18 水沼宏太 −(84分IN)
得意の右足クロスは力みが先行し、ラインの外へ。せめてゴール前へボールを供給したかった。

監督
ケヴィン・マスカット 5
定番になりつつある2トップへの変更でも流れは変わらず。停滞感が漂っているのは気がかり。
 
[J1第34節]横浜0-1G大阪/11月3日/日産スタジアム

【チーム採点・寸評】
G大阪 6.5
プレスよりもリトリートを優先し、危険なスペースを消すことに注力。横浜に決定機を与えることなく試合を進め、倉田の今季初得点で先制する。終盤は5バック気味で逃げ切りを図り、残留に向けて大きな勝利を手にした。

【G大阪|採点・寸評】
GK
1 東口順昭 6
際どいシュートはほとんど飛んでこなかった。イージーなシュートやクロスはしっかりキャッチング。

DF
26 柳澤 亘 5.5(71分OUT)
ボールがないところでの駆け引きで後手を踏む。幾度となく前田に抜け出しを許し、ピンチを招いた。

DF
13 菅沼駿哉 6
L・セアラとのマッチアップは互角以上に立ち回り、全体をコンパクトに保つよう心掛けていた。
 
DF
16 佐藤瑶大 6
菅沼に引っ張られるように集中したパフォーマンスを披露。最終ラインに穴を開けない働きを見せる。

DF
4 藤春廣輝 6(44分OUT)
反対サイドからのクロスに対応すべく守備に軸足を置く。前半終了間際のアクシデントで途中交代。

MAN OF THE MATCH
MF
10 倉田 秋 6.5
山本の鋭い折り返しに身を投げ出して今季初得点をゲット。攻守両面で労を惜しまなかったご褒美だ。
【動画】ガンバ倉田が値千金の決勝弾! 山本のクロスに右足ダイレクトで合わせる!

MF
14 福田湧矢 5.5(76分OUT)
相手の素早いプレッシャーに苦しみ、ボールキープすらままならず。攻守ともに何もできなかった。
 
MF
15 井手口陽介 6
ポテンシャルを考えれば物足りない。それでも最後まで足を止めない姿勢で勝利に貢献した。

MF
29 山本悠樹 6.5(76分OUT)
バランスを保つことを優先しつつ、得点場面のように機をうかがって高い位置に進出してひと仕事。

FW
18 パトリック 6
ルーズボールに対してあきらめない姿勢はまさしく献身的。ゴールはなくてもチームの勝利はあった。

FW
39 宇佐美貴史 6(71分OUT)
後方からのボールを引き出すためのランニングでチームを助ける。先発選手としての役割は果たした。
 
途中出場
DF
24 黒川圭介 6(44分IN)
前半終了間際に負傷した藤春に代わって左SBへ。守備意識高くプレーすることで好気流を生む。

DF
27 髙尾 瑠 6(71分IN)
リードしている展開で最終ラインに入り、システム変更後は3バックの一角として守備に一役買う。

FW
28 ウェリントン・シウバ 5.5(71分IN)
カウンターの急先鋒として投入されるも、チームとして奪ったボールをすぐに失う場面が多かった。

MF
8 小野瀬康介 −(76分IN)
右ウイングバックとして蓋をしつつ、チャンスの場面では最前線まで飛び出してゴールを狙う。

MF
17 奥野耕平 −(76分IN)
中盤の汗かき役として与えられた仕事を全うする。目立ったわけではないが貢献度は高かった。

監督    
松波正信 6
我慢の時間が長くなることは想定済みだろう。ワンチャンスを生かし切り、アウェーで貴重な勝利。

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。
 
取材・文●藤井雅彦(ジャーナリスト)

【J1第34節PHOTO】横浜0-1G大阪|倉田が今季リーグ戦初ゴール!G大阪2連勝で残留へ前進!