ユベントスのパウロ・ディバラは11月2日、チャンピオンズ・リーグのゼニト・サンクトペテルブルク戦で、クラブのレジェンドであるミシェル・プラティニの通算得点を上回った。

 かつてプラティニが日本でのインターコンチネンタルカップで見せた、ピッチに寝そべるパフォーマンスも披露したディバラは、フランスの「将軍」がアイドルだったと話している。

 通算得点では106ゴールとプラティニ(104)を超えたディバラだが、「ユベントスの背番号10」としてのステータスでも上回ったかどうかは議論の余地が残るところだ。

 ユベントスのエースナンバーを背負ったレジェンドといえば、プラティニ以外にもオマール・シボリ、ロベルト・バッジョ、アレッサンドロ・デル・ピエロといったそうそうたる顔ぶれだ。背番号は21番だったが、ジネディーヌ・ジダンも“10番”の役割を担った。

【PHOTO】ユベントスの「歴代10番」の系譜と戦績を厳選フォトで一挙チェック!


 そこでイタリア紙『Gazzetta dello Sport』は、「ユベントス歴代最高の“10番”は?」とアンケートを実施。1万人を超えるユーザーのうち、デル・ピエロを選んだファンが45%を上回った。2位は約25%でプラティニ、3位は約18.5%でバッジョだ。ジダンは約6%、シボリが約4%だった。

 ディバラは1%強の“最下位”だった。ただもちろん、こういった序列は世代も含めた主観によるところが大きい。『Gazzetta dello Sport』紙も「我々は順位づけしない。こういうケースのランキングはどれも主観的だ」と強調している。

 その上で、同紙は「定義だけして、議論を広げよう」と締めくくった。

「最強はプラティニ、最も偉大なのはデル・ピエロ、最も才能があったのはバッジョ、最もエレガントだったのはジダン、最も予測不可能だったのはシボリ」

 これらの表現もまた、受け止め方は人それぞれだろう。確かなのは、いずれもユーベ、そしてイタリアと世界のサッカー界に名を残した偉人たちということだ。ディバラもそのひとりとなるだろうか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】「美人すぎる」、「セクシーすぎる」フットボーラーの妻&恋人たち

【PHOTO】C・ロナウド、ネイマール、アグエロ、エジル、ポグバetc…世界的名手たちが誇るスーパーカーを厳選&一挙紹介!