[J1第35節]鹿島1-0浦和/11月7日/県立カシマサッカースタジアム

【チーム採点・寸評】
鹿島 7
立ち上がりから強度の高いプレスで浦和の出ばなをくじき、前半のリードを守り切って勝利。追加点は課題も、内容的には完勝。

【鹿島|採点・寸評】
GK
1  クォン・スンテ 6.5
シュートセーブが必要な場面はほとんどなかったが、若いセンターバックの背後で安心感をもたらした。

DF
32 常本佳吾 6
前半は汰木を完全にシャットアウトして交代に追い込んだ。後半は山中に突破を許してクロスを上げられる場面も。

MAN OF THE MATCH
DF
33 関川郁万 7
縦パスに対する前への強さを見せ、パワープレーが増えた終盤戦も強さを見せた。前向きなカットから上田に出したスルーパスは素晴らしかった。
 
DF
28 町田浩樹 7
高さを見せたのは関川と同様。こちらは逆にドリブルで進出して展開を作るプレーも効果的なものがあった。コンビでMOMをつけたい。

DF
2  安西幸輝 6.5
前半、J・アラーノのヘディングシュートを導いたクロスはアシストを損したと言える精度。

MF
20 三竿健斗 6.5
浦和のダブルボランチに対してボール際の強さを見せてクオリティ勝ち。順位表とこの試合の持つ意味を理解したプレーだった。

MF
21 ディエゴ・ピトゥカ 6.5
ボール奪取と攻撃への推進力の両方を兼ね備えたプレー。三竿と中央で盤石のブロックを形成した。
 
MF
7  ファン・アラーノ 6(88分OUT)
特に前半、浦和のストロングポイントである山中を守備に追わせた貢献度は高い。ただ、安西のクロスに合わせたヘディングは決めるべきシーンだった。

MF
17 アルトゥール・カイキ 5.5(57分OUT)
鹿島の中では唯一プレーに空回り感があった。イエローカードを受けたことも要因か、早めの交代に。

FW
8  土居聖真 6.5(72分OUT)
先制点は「これほど押し込むだけというシチュエーションもない」ものだったが、貴重な決勝点。裏抜けの上田とバランスの良い役割分担だった。

FW
18 上田綺世 6(72分OUT)
背後への動き出しで浦和の最終ラインに後ろ向きの怖さを与えて存在感があった。西川との1対1は上位チームのエースなら決めるべき場面。
 
途中出場
MF
11 和泉竜司 5.5(57分IN)
全体に浦和ボールの時間が長くなったタイミングでの投入で、自分の周囲に複数人いる状況には手を焼いていた。小泉に何度かサイドチェンジを蹴らせてしまった。

MF
13 荒木遼太郎 6.5(72分IN)
押し込まれる時間が長かったチームを活性化。中央でボールを引き出せる存在になることで、浦和の攻撃回数を削る効果があった。

FW
9  エヴェラウド 6(72分IN)
逃げ切りを図るタイミングで、前線で背負って受けられる存在になったことがチームを助けた。

DF
39 犬飼智也 −(88分IN)
浦和がパワープレー要員の槙野を入れてきたのに対応しての出場だった。

監督
相馬直樹 7
試合に対する適切なモチベーションの高め方が前半の優勢につながった感がある。後半は押し込まれるも、交代策は状況を改善した。

【動画】クラブのJ1通算1700得点目となる土居の決勝弾!

【サポーター PHOTO】鹿島、浦和の名門クラブを拍手で支えるサポーター
 
[J1第35節]鹿島1-0浦和/11月7日/県立カシマサッカースタジアム

【チーム採点・寸評】
浦和 4.5
この試合で絶対に勝利が必要なチームの振る舞いには見えなかった。強度を上げてきた相手と渡り合うボール際の戦いができず、パスワークで外しきることもできなかった。

【浦和|採点・寸評】
GK
1 西川周作 6
1失点はあったが、2つのファインセーブが最後まで味方に可能性を与えた。相手の間を通してボランチにつける時のパスが弱く、危険な場面が前節の川崎戦と同様にあった。

DF
8 西 大伍 5(87分OUT)
ベンチの指示に応じてインサイドを取れることは戦術に幅を与えるが、流れの悪いチームと共に埋没した。

DF
4 岩波拓也 5.5
ボールを受ける選手がナイーブなところを見せたが、彼自身はゲームの中で標準的なレベルのプレーをした。だからこそリーダーシップを取る姿が見たい。
 
DF
28 アレクサンダー・ショルツ 4.5
来日して以降では最も低調な出来だった。背後にいる相手に気が付かない場面や中央へのパスをカットされてカウンターを受けるなど不安定だった。

DF
6 山中亮輔 5.5
全体が機能しないと良さが出にくいのはサイドの選手の常。前半は耐えて、後半はアーリークロスで存在感があった。

MF
41 関根貴大 5.5(72分OUT)
空回り感はあったものの戦う意志を見せた選手の1人。右肩を痛めての交代は今後に不安を残した。

MF
40 平野佑一 4.5(72分OUT)
明確にクオリティ負けしたゲーム。高い強度の相手を振り回すところまでいかなければ、チームの狙いは機能しない。
 
MF
17 伊藤敦樹 4.5
次のプレーにつながるボールの受け方ができずにビルドアップが停滞。セカンドボールの争いも劣勢で、欠場した柴戸の存在感が際立ってしまった。

MF
24 汰木康也 4.5(HT OUT)
ボール際のところで劣勢になる場面が多すぎたうえに、自分からボールを引き出す動きも時間の経過とともに減った。前半のみでの交代もやむなし。

FW
33 江坂 任 5
出しどころがない周りから頼られている苦しい状況で、打開するためにポジションを変える工夫はあったが、効果的だったかは別の問題。

FW
7 キャスパー・ユンカー 5(HT OUT)
ストライカーは機能しているチームの最前線にいてこそ。犠牲者のようにハーフタイムで交代させられた。
 
途中出場
MF
18 小泉佳穂 6(HT IN)
右のインサイドから左の山中へ飛ばすサイドチェンジは効果的だった。相手を外して受けようとする動きを続けた。

MF
21 大久保智明 5.5(HT IN)
低調だった汰木との比較で良く見えた部分はあるが、相手との違いを生み出すほどのプレーではなかった。

DF
3 宇賀神友弥 6(72分IN)
西を追い越して攻撃参加し、奪われたら西を追い越して戻っていったプレーはチーム全員が持つべきメンタリティの表現だった。

FW
30 興梠慎三 6(72分IN)
前節に続く途中出場。ボール際で負けないキープ、ラストプレーのヘディングも復調を感じさせた。

DF
5 槙野智章 ―(87分IN)
時間が少ないので採点はなしだが、最前線での起用に対して誰よりもゴールへ向かう姿勢を見せて動き出しを繰り返した。

監督
リカルド・ロドリゲス 5
上手くいかなければ立ち位置を変えて修正する手腕は示した。ただし、試合の入り方に対して選手たちに適切な働きかけができていたのかは大きな疑問がある。

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。
 
構成●サッカーダイジェストWeb編集部