内田篤人氏が選ぶ最高の左サイドバックとは?

 日本を代表する右サイドバックだった内田氏は、昨年の8月に鹿島アントラーズで現役を引退すると、直後の9月に日本サッカー協会が新設したロールモデルコーチに就任し、世代別代表を担当。10月にはDAZNで冠番組の「Atsuto Uchida's FOOTBALL TIME」がスタートし、今年3月からはテレビ朝日系の報道番組「報道ステーション」でスポーツキャスターを務めるなど多方面で活躍中だ。

 シャルケでも活躍した名手は11月11日、ワールドカップ・アジア最終予選を戦う日本代表のベトナム戦(1-0勝利)をDAZNで解説。鹿島時代の先輩でもある岩政大樹氏と行なった日本代表戦の「裏チャンネル」では、試合の解説とともに、自身にとってのベストプレーヤーを明かした。その時の岩政氏とのやり取りは以下の通りだ。

「今でも思う。ベストな左サイドバックは誰と聞かれたら新井場さん」(内田)
「知らない人多いと思うよ新井場徹を」(岩政)
「僕が鹿島の時の左サイドバックが新井場徹さんです」(内田)
「長友も良く言うよね。『新井場さんが一番すごい』って」(岩政)
「俺は、ずば抜けて新井場さんなんだよね」(内田)
「能力はね。ちょっとサボっちゃうけど(笑)」(岩政)
 
 新井場は、稲本潤一、橋本英郎らと同期のガンバ大阪ユース出身の42歳。1998年にトップチームへ昇格しプロキャリアをスタートさせ、2004年に鹿島アントラーズへ移籍。内田氏が高卒ルーキーとして加入した2006年から左右のサイドバックとして多くの試合で共闘し、2007年〜09年に達成した史上初のJ1リーグ3連覇に貢献したレジェンドだ。

 国内で数々のタイトルを獲得した内田&新井場コンビのようなサイドバックは現われるか。内田氏はベトナム戦後に「サイドバックがゲームを作れば良い」と日本対策が進む最終予選の戦いに一石を投じ、代表戦士たちへエールを送っている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】前人未到の20冠!鹿島アントラーズが獲得した全タイトルを秘蔵写真で振り返り!

【PHOTO】32歳で引退の内田篤人。右サイドを駆け抜けたキャリアを厳選ショットで振り返る!