レジェンド指揮官の賛辞は、古橋亨梧の評価をまたひとつ高めたと言えるのではないだろうか。

 マーティン・オニールは2000年夏にセルティックの監督に就任し、1年目で3冠を達成。さらに2度のリーグ優勝を果たし、2003年のUEFAカップで決勝まで勝ち進んだ。セルティックの歴史を代表するレジェンド監督のひとりだ。

 そのオニールは『The Sunday Post』で「ファンは本当にアンジェを気に入ったようだ」と、アンジェ・ポステコグルー監督の采配に賛辞を寄せている。

「スタートは不安定だったが、それを乗り越え、上昇気流に乗っている。良いスタイルのサッカーだし、選手たちも彼の手腕に応じている」

 前節ダンディー戦を見たというオニールは、古橋やジョッタといった前線の主力に好印象を抱いたようだ。自身が指導したレジェンドOBのヘンリク・ラーションにはまだ及ばないとしつつ、日本代表ストライカーを称賛。「セルティックは見事なプレーだった。特にジョッタとキョウゴ・フルハシだ」と述べている。

【動画】元セルティックの名将も絶賛!古橋がダンディー戦で決めた圧巻2ゴール
「どちらも強い風には吹き飛ばされるかもしれないように見えるが、非常に才能ある選手たちだね。これまで彼らはそれぞれ見事にやってきた。そのうえで、この世界のヘンリク・ラーションに並ぶには、まだまだ道のりは遠い。でも、ふたりともエキサイティングな選手たちだ」

 さらに、69歳の北アイルランド人指揮官は「サポーターは彼らを見るのを楽しんでいるようだ」と賛辞を続けている。

「ファンにヒーローがいて、楽しませてくれると分かっているのは素晴らしいことだ。ふたりともエクセレントな補強だったことは疑いないね」

 ポステコグルーや古橋は、セルティックでオニールやラーションのような歴史を記すことができるだろうか。日本からスコットランドに挑戦した彼らのさらなる活躍に期待したい。

構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部

【動画】切れ味鋭いフェイントで敵DFを翻弄!古橋がELで決めた開始3分弾&絶妙アシスト

【写真】「認識できない」「お洒落さん」現地で話題となっている古橋のニューヘアスタイル