今夏にボローニャからイングランドの名門アーセナルへとステップアップ移籍を果たした冨安健洋が、新天地で躍動しているのは周知の事実だ。ここまでデビュー戦から右SBでリーグ戦では8試合連続のスタメン出場を飾り、それまで開幕3連敗だったチームの守備を立て直し、無敗記録(6勝2分け)を継続している。

 一方で、その日本代表DFの加入で、出番がめっきり減ってしまった選手もいる。ポルトガル代表DFのセドリク・ソアレスだ。昨シーズンも右SBのターンオーバー要員の域を出なかったが、今シーズンはレギュラー格のエクトル・ベジェリンがベティスへレンタル移籍。定位置奪取に意気込み、実際、プレミアリーグの2、3節ではスタメン出場を果たしていた。

 だが、4節のノーリッジ戦で加入まもない冨安がデビューを果たすと、状況が一変。その試合で途中出場を果たして以降は、7試合連続で出番を与えられていないのだ。

【動画】伊東純也のゴラッソが、VARでまさかの取り消し…圧巻すぎる幻のゴール


 アーセナルの専門メディア『Arsenal Fever』は 「失望。セドリクはアーセナルでの試合時間に不満を持っている」と題した記事を掲載。『ESPN』のインタビューで、次のように語ったと伝えている。

「もちろん、思ったようにプレーできないことには落胆している。ただ、それは選手としては普通のことだ」
 
 それでも30歳のDFは、「トレーニングでやる気のない態度をとったことは一度もない」と語り、練習には一生懸命に取り組んでいることを強調した。

 ただ、『Arsenal Fever』は、「冨安はノースロンドンで素晴らしいキャリアをスタートさせており、この日本人をベンチに追いやるには、特別な何かが必要になるだろう」と綴り、こう続けている。

「セドリクはプレミアリーグで冨安に取って代わることはできないかもしれないが、他の大会でのスタメンを確実にすることはできる」

 ポルトガル代表で34キャップを誇る経験豊富なSBをしても、冨安からレギュラーの座を奪うのは難しいと見ているようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】「顔を踏みつけた」現地ベトナムで反響!守田と相手GKの激しい接触シーン

【画像】「日本のファンが失望を表現」と現地で話題! 日本サポーターが掲げたバナー