現地12月4日に行なわれたラ・リーガ第16節で、久保建英が所属するマジョルカは、昨季王者のアトレティコ・マドリーを敵地で2‐1と撃破。8試合ぶりの白星を挙げている。

 68分に先制を許す苦しい展開のなか、劇的な逆転勝利に原動力となったのが、久保とイ・ガンインの日韓コンビだ。

 まず80分に、韓国代表MFが正確なFKでDFフランコ・ルッソの同点弾をアシストすれば、後半アディショナルタイム1分に裏のスペースに抜け出た久保がドリブルで独走し、値千金の勝ち越し弾。試合巧者のアトレティコから、見事に勝点3を奪ってみせた。
【動画】名手オブラクの牙城を破る!久保建英が決めた独走からの劇的股抜き弾

 この日はリードさせている展開のため、イ・ガンインを残したまま74分に久保を投入し、その采配が的中した。だが、ルイス・ガルシア監督は、かねてより2人を同時起用すると守備が脆弱になることを指摘しており、このアトレティコ戦後の会見でも、「彼らは重要な存在でなければならない選手だが、2人が一緒にプレーするのは難しいだろう」とコメントしている。

【画像】久保の腹筋に韓国メディアも注目!イ・ガンインが投稿した“浴室2ショット”


 そんななか、試合後に久保との浴室での2ショット写真を投稿するなど、仲の良さを窺わせた同い年のレフティについて、日本代表MFは会見で「日本人のようなプレースタイル」と評し、共存に問題がないとの見解を示した。

 また、今回のマドリード遠征でも一緒に行動することが多く、「仲が良いほうだと思う」とも明かしている。

 同じ技巧派のレフティと共存できるのは、堂安律と共闘した東京五輪代表でも証明済み。お互いをリスペクトし合っている“日韓の至宝”は、指揮官の考えを覆すようなコンビネーションを見せられるか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】同点ゴールを見事にアシスト!イ・ガンインのピンポイントFK

【動画】「最高やん」「バカかっこいい」とファン興奮!久保とイ・ガンインが絡んだ“激アツ”シーン