韓国の至宝の“評価”が急上昇中だ。

 現地時間12月4日に開催されたラ・リーガ第16節のアトレティコ・マドリー戦で、マジョルカの久保建英が今シーズン初ゴールを決めた。

 1‐1で迎えた後半アディショナルタイム1分、カウンターから裏のスペースに抜け出て久保は、そのままドリブルで持ち込むと、最後は世界屈指のGKであるヤン・オブラクの股を抜くシュートで、劇的な決勝点を奪ってみせた。

 前節に約2か月間の故障離脱から復帰を果たした日本代表MFは、喜びを爆発。コーナーフラッグの方へ向かって走り、膝立ちで滑り込む。そこに一番に飛びついてきたのが、85分にベンチに下がっていたイ・ガンインだった。

 ただ、久保が芝に引っ掛かって滑り込みに失敗したため、韓国代表MFも“抱きつき”に失敗。ゴールパフォーマンスは決まらなかったが、2人の関係性が伝わってくる瞬間だった。

【動画】久保建英の劇的ゴールの後、イ・ガンインが最初に飛びついてくるも、まさかの…


 このイ・ガンインの振る舞いを日本のファンも絶賛。この試合を配信した『DAZN』の公式YouTubeがハイライトを公開すると、コメント欄には次のような声が寄せられた。

「久保のゴール後に、真っ先に駆け寄ってきたのがイ・ガンインなのアツい」
「タケ・クボに真っ先に駆け寄っていくガンイン好きになったわ」
「久保とイガンイン、アジアのホープ2人のグダグダなゴールパフォーマンスは何度見ても面白いし、何よりイガンインが誰よりも早く久保の所に駆け寄ってきたのは胸熱だな…」
「イ・ガンインと久保、仲良くしてるところ全然見たことなかったから今回の試合で仲良くしてるところ見れて嬉しい」
「久保の膝滑りに合わせて抱きつこうとしたけど、まさかの転倒で少し抱きつくタイミングがズレて同じく転がるイ・ガンイン好き」
「抱きつきに来たイ・ガンイン、はしゃぎすぎて久保の背中に顔面強打してるのかわいい」
「イ・ガンインが久保のゴール喜んでるの嬉しい」
「滑りたかったけど引っかかって躓いた久保に同じく滑れなかったイガンインが1番に駆け寄ってんの好き」
「あんな嬉しそうに駆け寄ってくるイ・ガンインはいい奴や!」
「ゴールパフォーマンスぐだぐだの日韓神童コンビすき」

 ともに2001年生まれのレフティで、幼い頃からライバルとして比較されてきた2人だが、試合後の会見で久保が「仲は良いほう」と明かしてように、ともにスペイン語を話せることもあり、良い関係を気づいているようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部


【画像】久保の腹筋に韓国メディアも注目!イ・ガンインが投稿した“浴室2ショット”

【動画】同点ゴールを見事にアシスト!イ・ガンインのピンポイントFK

【動画】「最高やん」「バカかっこいい」とファン興奮!久保とイ・ガンインが絡んだ“激アツ”シーン