今年も残すところあと2週間。本稿では、2021年のサッカー界における名場面を『サッカーダイジェストWeb』のヒット記事で振り返る。今回は、川崎時代の三笘薫が決めた鮮烈弾を再掲。ドイツ誌も「信じられない」と驚きを隠さなかった。

記事初掲載:2021年3月5日

――◆――◆――

 3月3日、ACLのスケジュールの関係上、前倒しで開催されたJ1リーグの第11節で、川崎フロンターレはセレッソ大阪にホームで3-2と逆転勝利を収めた。

 決勝点となる驚きのゴールが生まれたのが、2-2で迎えた62分だ。左サイドの敵ペナルティエリアの外でボールを受けた三笘薫が、華麗なエラシコで対峙した坂本達裕をかわすと、レアンドロ・ダミアンとのワンツーで一気に3人を置き去りに。最後は冷静に右足でゴールに流し込んだ。
【関連動画】ドイツ誌が絶賛! 三笘薫が決めた衝撃の“エラシコ→ワンツー弾”
 高度な技術が凝縮されたこの一撃を絶賛したのが、ドイツのスポーツ雑誌『11 Freunde』だ。「最初にエラシコ、次にワンツー、日本で信じられないゴールが生まれた。川崎フロンターレのカオル・ミトマはボールを受けた時、まだペナルティエリアの外にいたのに…」と驚きをもって紹介している。

 ルーキーイヤーの昨シーズンにも、70メートルの独走アシストなどで世界に衝撃を与えた三笘。今季もJリーグを盛り上げてくれそうだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】等々力陸上競技場に駆けつけた川崎フロンターレサポーター!