糸を引くようなパスでファンを魅了した。

 12月19日に開催されたラ・リーガ第18節で、久保建英が所属するマジョルカは、グラナダと敵地で対戦。1‐4で敗れた。

 結果的に大敗を喫したなか、公式戦2試合連続の先発で右サイドハーフに入った久保が、マジョルカ唯一のゴールを演出した。

 先制点を奪われた直後の24分、センターサークル付近でボールを受けると、反転して左サイドに正確なサイドチェンジのパスを供給。これを受けたハウメ・コスタが送り込んだクロスにダニ・ロドリゲスがヘッドで合わせ、同点弾となった。

【動画】「メッシを彷彿」「まじで凄い」同点ゴールの起点となった久保の高精度サイドチェンジ


 マジョルカの地元紙『Diario de Mallorca』が「50メートルのサイドチェンジ」と評したこのパスを、クラブもピックアップ。21日に公式YouTubeでこのシーンの動画を公開すると、ファンからは次のようなコメントが寄せられた。

「視野も凄いし、そこに正確にパス出せるのも凄い」
「タケのパス、イニエスタっぽいよね」
「改めて見るけどまじで凄い」
「相手の意表を突いた感じ。綺麗に決まって気持いかった。」
「メッシを彷彿とさせるパス」
「瞬間で味方の位置を把握してドンピシャであそこに蹴る精度たるやすごいの一言」
「ドルトムント時代の香川選手がよく起点になってた斜めのロングパスおもいだした」

 この試合では、得意のドリブル突破も光っていた久保。年内ラストゲームで好印象を残した。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】名手オブラクとの駆け引きに勝利! 久保建英が決めた独走ドリブルからの劇的股抜き弾

【動画】「最高やん」「バカかっこいい」とファン興奮!久保とイ・ガンインが絡んだ“激アツ”シーン