ドイツ・ブンデスリーガのフランクフルトに所属する元日本代表MF長谷部誠が12月24日、インスタグラムを更新。「Merry Christmas 素敵なクリスマスを!」と綴り、2枚の写真をアップロードした。

 1枚は大きなツリーとともに映る長谷部、もう1枚は、ミラノの大聖堂をバックに、ザックジャパン時代の通訳を務めた矢野大輔氏との2ショット。この投稿にフォロワーからは以下のようなコメントが寄せられた。

「いつ見てもかっこいいなぁ」
「ミラノでクリスマスなんて素敵ですね〜」
「オフ満喫してますね」
「素敵なXmasツリーですネ」
「どんなショットも似合いますねぇ」
「お身体には充分気を付けてくださいませ」
「いつも応援しています」
「矢野さんお元気そうで何よりです」
【関連写真】ミラノで過ごす長谷部誠の“クリスマスショット”に反響!
 また、現在はスペインのリーガ・エスパニョーラ2部のカルタヘナでプレーする岡崎慎司も反応。「待ってますよ!」との呼びかけに、長谷部は「こっちで待ってるよ!」と応じる。

 シーズンの半分となる17節を終えたブンデスリーガで、長谷部はここまで9試合に出場。18日に行なわれた直近のマインツ戦でも3バックの中央で先発し、1-0の勝利に貢献。チームはこの白星で3連勝を飾り、6位で折り返した。

 ウインターブレイクを経て、シーズンが再開されるのは来年1月9日のホームでのドルトムント戦。ピッチに立てば、絶大な存在感を示す37歳のさらなる奮闘が楽しみだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】「美人すぎる」、「セクシーすぎる」フットボーラーの妻&恋人たち