現地時間12月26日、スコットランド・リーグの第20節が行なわれ、2位のセルティックは、6連敗中で最下位のセント・ジョンストンと敵地で対戦し、3-1で快勝を収めた。しかし、この一戦で、エースの古橋亨梧が15分に右足の太ももあたりを痛め、そのまま途中交代を余儀なくされてしまった。

 ここまでリーグ2位タイの8ゴールを挙げている日本代表FWは、今月9日のベティス戦(〇3-2、ヨーロッパリーグ・グループステージ)で、右のハムストリングを痛め戦列を離脱するも、19日のハイバーニアン戦(〇2-1、リーグカップ決勝)で復帰。2ゴールを挙げる活躍で、今シーズン初タイトル獲得の立役者となっていた。
【動画】動き出し、トラップ、フィニッシュ、全てが秀逸!古橋がリーグカップ決勝で決めた圧巻ゴラッソ2発
 クラブ公式サイトによれば、アンジェ・ポステコグルー監督は試合後、怪我が再発してしまった古橋に言及。大事には至らなかったことを明かしている。

「キョウゴについては様子を見ることになるが、我々は休暇を迎えるので、深刻なものではないと思っている。リスクを冒しすぎてはいけないと分かっていたので、本人は少し違和感を感じていたなかで、(ベンチに)下げることにしたんだ」

 年内最終戦を白星で飾ったセルティックはこのままウィンターブレイクに突入するため、来月17日に行なわれる次節のハイバーニアン戦まで試合がない。古橋はこの期間にコンディションを万全の状態に整え、2022年も再びゴール量産となるか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】完璧なトラップから冷静なフィニッシュ!ELのGSベストゴールに選出された古橋のゴラッソ

【PHOTO】ゴール量産中!スコットランドの強豪セルティックで活躍する古橋亨梧を特集!