今年も残すところあと2日となった。本稿では、2021年のサッカー界における名場面を『サッカーダイジェストWeb』のヒット記事で振り返る。今回は、生中継にバッチリ映っていた久保建英と吉田麻也の微笑ましいやり取りを再掲する。

記事初掲載:2021年7月29日

―――◆――◆―――

 エースは試合が終わってもエースだった。

 U-24日本代表は7月28日、東京五輪のグループステージ最終戦で、U-24フランス代表と対戦。27分に久保建英の3戦連発弾で先制点を奪うと、ここから34分に酒井宏樹、後半に入って70分に三好康児、90+1分に前田大然と、次々にゴールを重ね4-0で大勝した。

 試合後、ピッチ脇でインタビューに応じた久保は、開口一番「上半身だけでいいですか?すみません、これ多分スポンサー的にまずいんで」とさらりと気遣い。
 
 これに対し、すぐ後ろで見守っていた吉田麻也は「絶対足映んないよ」とツッコミを入れるが、20歳のレフティは32歳のキャプテンへ「いやスタイルいいから」とさらに上をいくツッコミで応えてみせたのだ。

 生中継にバッチリ映っていた微笑ましいやり取りは、「上半身だけ」や「スタイルいいから」がYahooのトレンドに上がるなど、たちまち大反響。図らずもチーム内の雰囲気の良さが知れ渡ることとなった。

構成●サッカーダイジェスト編集部

【PHOTO】キリンチャレンジカップ・ウズベキスタン戦に臨む日本代表招集メンバーを一挙紹介!