今年も残すところ今日1日となった。本稿では、2021年のサッカー界における名場面を『サッカーダイジェストWeb』のヒット記事で振り返る。今回は、アーセナルで定位置を確保した日本代表DF冨安健洋が、プレー中に顔面を踏みつけられるというアクシデントに襲われ、相手選手の“危険なプレー”に国内外のファンから批判の声が上がった記事を紹介する。

記事初掲載:2021年12月7日

―――◆――◆―――

 現地時間12月6日に行なわれたプレミアリーグ第15節で、アーセナルはエバートンとアウェーで対戦し、1-2で敗れた。冨安健洋は11試合連続で右SBで先発し、フル出場している。

 この試合のあるシーンが物議を醸している。28分、右サイドのタッチライン際でアランと競り合って倒れた冨安の顔を、イングランド代表DFベン・ゴッドフリーが踏みつけたのだ。日本代表DFは顎付近にスパイクが擦れたような傷を負い、出血も見られたため、VARが介入。レフェリーが映像をチェックするも、ノーファウルの判定となり、カードも提示されなかった。

 この行為に対して、怒りを爆発させているのがアーセナルのサポーターだ。勝利を喜ぶ投稿をしたゴッドフリーのSNSに次のような批判的なコメントが殺到し、ちょっとした炎上状態となっている。

「恥を知れ」
「いいキックをどうも? サッカー選手ではないな」
「わざとトミの顔を踏んだくせに!素人が」
「せめて謝罪しろ。お前のせいでゲームが汚された」
「わざと俺たちの息子の顔を踏みやがって、クソ野郎が!」

【動画】冨安がゴッドフリーに顔を踏みつけられた決定的瞬間! VARチェックではノーファウルになったが…
 現地紙『Express』によれば、アーセナルのミケル・アルテタ監督は試合後に「あの判定はVARでチェックが入ったものと認識している」と直接の批判は避けた。

 しかし、試合中に解説を担当していた元イングランド代表アラン・スミスは「あれは偶発的なんかじゃない」と指摘するなど、ゴッドフリーの行為を批判する声はアーセナルのファンだけに留まらない。

 このシーンは英国以外のメディアでも広く拡散されており、今後も反響は広がりそうだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】ファン興奮! 冨安とC・ロナウドの“激アツ”マッチアップシーン2連発(1分45秒〜)

【PHOTO】「美人すぎる」、「セクシーすぎる」フットボーラーの妻&恋人たち