クラブレコードを塗り替える10試合連続弾(チャンピオンズ・リーグを含む)など、圧巻のプレーを続けるFWモハメド・サラー(リバプール)が文句なしのMVPだ。

 プレミアリーグでは2節のバーンリー戦を除き、17節までの16試合でゴールかアシストをマークする活躍ぶりで、4人を手玉に取ったマンチェスター・シティ戦のゴラッソをはじめ印象的なゴールも少なくない。

【動画】相手数人に囲まれようとお構いなし!サラーがシティ戦で決めた衝撃ゴラッソ
 2位は首位を走るマンCでハードワークしながらクリエーティブな仕事を連発しているMFベルナルド・シウバ。3位は、サラーとともにリバプールの右サイドを支えるアレクサンダー=アーノルドでSBながら8アシストと高精度の右足が文字通り冴え渡っている。

 ウェストハムの躍進を支えるMFデクラン・ライスが4位と続き、神懸ったセーブでアーセナルをV字回復に導いたGKアーロン・ラムスデイルが5位だ。
 
構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部

※『ワールドサッカーダイジェスト』2022年1月6日号より転載・加筆

【PHOTO】「美人すぎる」、「セクシーすぎる」フットボーラーの妻&恋人たち

【PHOTO】C・ロナウド、ネイマール、アグエロ、エジル、ポグバetc…世界的名手たちが誇るスーパーカーを厳選&一挙紹介!