浦和が大分を下し、優勝を果たした2021年末の天皇杯決勝では両チームのタフなぶつかりあいが随所に見られた。競り合いで選手が倒れた場合でも、荒木友輔主審は簡単に笛を吹かず。2020年からJリーグで示されてきたレフェリングの傾向が示されていた。

 タフな競り合いと反則が区別される傾向は、反則ポイントの減少として可視化されている。例えば直近5シーズンを振り返ると、J1、J2、J3いずれのディビジョンでも減少傾向にある(2ページ目の図)。

 その要因のひとつにポゼッションサッカーの優位性があるのだろうが、もうひとつの背景として2020年シーズンを前に、タフで激しいプレーへの変容を求める一連の活動があったと考える。そこで原博実Jリーグ副理事長に話を訊きつつ、この活動についてレポートする。

――◆――◆――

「本格的にスタートしたのは2020年からだったけど、その前の年ぐらいから、少しずつ始めていて。新人研修会で村井(満チェアマン)さんが話した後に話したりして。2020年は映像を作ってね、手分けして全クラブを回ったんだよね。スタンダードの講習会(判定基準についての説明会)に合わせて、監督、選手がいる前で。それは俺も話したし、審判の人にもこうやるよって言ってもらって」

 原副理事長が2020年シーズンを前に各チームに示したのは、リーグとして求めたいプレーを映像でまとめたものだった。

「それまでのJリーグは選手がすぐに倒れて、ファールをもらおうとしていた。それに対し、審判の方もやっぱりあれで倒れられてしまうと、どうしても取らざるを得ない、みたいな話が出てね。選手側と審判側と、お互いの言い分はあるんだけど、それをタフな方向に変えることでまとめたのね」

 Jリーグには「マリーシア」と呼ばれるずる賢くプレーする価値観が称賛される時期があった。その一方で、世界のサッカーは激しさとタフさの中で行なわれるのが普通の状況になっている。

「だから、激しくてフェアで、エキサイティングみたいなキーワードを決めて、それをみんなでやろうっていうことで、あの年から鮮明に出したんだよね」と原副理事長。そして「それを選手と監督に言わなきゃいけないと考えて、それをスタンダード講習会とセットでやらせてもらった」と振り返る。
 
 原副理事長は自ら回れるクラブに足を運び、手が足りないところはサポートを受けつつ2020年シーズン開幕前に説明を終えた。

「全クラブに行ってスタンダード講習会の前に、こういうシーンを見たいんだって、いいシーンを見せて。倒れずに続けるプレーを見せて、これを見たいんだよっていうのを説明して、分かってもらった。質問があれば選手からも監督からも聞いた」

 2020年はVARの本格導入が予定されていた。結果的に新型コロナウイルスの影響で1年先延ばしになったが、シーズン前に特に細かく想いを説明したと原副理事長は振り返る。

「VARを導入するところだったから、余計一緒に細かくやったかな、J1は。その相乗効果だと思う。選手たちも最初は違和感があったみたいだけど、本当に取らないんだなということで、次第にファールが取られないことに慣れていったよね」

 丁寧にファールを取ることで試合が細切れになるよりも、少々の激しさを許容したほうが試合としては面白くなる。リーグとして審判委員会を巻き込んで判定基準を見直したのが、2020年シーズンだったのだ。

「審判委員会の扇谷(健司)委員長のとこに行って彼らとも話をして、映像作る時から関わったんだよね」

 審判委員会はシーズン開幕を前に「レフェリングスタンダード」と呼ばれる映像を作成し、競技規則に従ったプレー映像を監督、選手に公開。判定について解説してきた。原副理事長はこの映像作成の現場から関わり「本当に激しくて、いいプレーをもっと出して、本当にダメなプレーはダメだということで、やってもらったんだよね」と話す。

「それまでは審判委員会に任せて、イエローだレッドだ、ファールじゃないって映像を作っていたところに俺らも加わって、もっとこういうプレーをやりたいっていうシーンを多くしようって一緒に相談して決めたんだよ。それは大きかったと思うんだよね。それで審判サイドの目線だけじゃなくて、我々リーグ側とか選手から見た視点とかも加えて、審判委員会もそれを理解してくれて。あとはサポーターにもそれを言わないと。そういった全てがある程度うまく回ったかなという風に思うけどね」

 コロナによる環境の変化に合わせ、スタンダードの講習会も見せ方を変化させ、その効果もあるのではないかと原副理事長は話す。

「キャンプ時に審判が回ってやっていたんだけど、コロナで回れなくなって。それでWEBでもちゃんと見えるようなのも作って、それで個人個人でテストする形式に変えたのね。100点を取らないと試合に出られないよ、ということでね。ルールについては、勘違いされている部分もあるからね。選手側の勘違いで審判に抗議するってこともあったんだけど、選手の理解が進めばそれが減るからね。そういう部分も大きいかもしれないね」
 そうして迎えた2020年シーズン以降の傾向について原副理事長は手応えを感じていると話す。

「激しいプレーと汚いプレーの違いがみんな分かってきて、お互いにプレーを続けるんだっていう意識が出てきた。それに対してサポーターもそういう目になってきたよね。J2なんか、ほとんどのクラブがフェアプレー賞だったからね。もちろん時々ちょっとラフプレーみたくなっちゃう時もあるけど、ファールが多くてプレーがぶつ切れになる傾向はなくなりつつある。以前はちょっと手が触れたらファールを取ったり、という時期もあったけど、そういうのを経て、今はいい方向にきている気はしているけどね」

 激しいプレーの許容は審判員の変化があってこそ成立するもの。

「審判の人たちも、それでいいと思ってくれている。選手が激しさを受け入れていることとの相乗効果だと思うな」と話す。

 2021年よりJ1にて導入されているVARの影響もあるとは思う、と原副理事長は指摘するが、それではJ2、J3の減少傾向の説明が付かないとも語る。

「やっぱりコーナーキック、フリーキックは昔より引っ張ったりができないんだよね。カメラがいっぱい入ってて、VARもあるからね。それは良い面だし、あとはカードが減ったのは、審判の対応とか選手の対応に加えて、リスタートは簡単に与えてはいけないという共通認識があるからだと思うよ。いずれにしてもVARの影響はあると思うけど、J2、J3が減ったのはVARでは説明できない。そこは、審判も選手たちもタフにやるっていうことが、ある程度スタンダードになってきたんだろうなという気がするな」

 
 そうやって目指す目標の一つとして欧州のトップリーグというものがある。

「たとえばプレミアリーグの映像を見てても、プレーは激しくて、もちろん汚いプレーも時にはあるけど。でもやっぱり、激しくもフェアである、ああいうリーグにしたいって思いがやっぱりあったから」

 その過程の中で原副理事長はジャッジリプレイ(DAZNで配信)などを通し、倒れたほうが得という意識を少しずつ変えてきた。

「世界で強くなるためにタフじゃなきゃ戦えないからね。やっぱり代表でもヨーロッパでも、日本人はすぐ倒れるみたいなコメントを、俺ら自身が直接聞いていたし、実際見ててもそうだった」という歴史がある。

 しかし世界トップの欧州の各リーグは「やっぱりプレミアであったり、リーガだったり、ブンデスリーガであったり、激しいじゃん。それがベースだよねという話。それは間違いなくある」と原副理事長。激しくもフェアなプレーの中で、Jリーグの価値は高まっていくはず。そして、選手が育つリーグへの進化が期待できる。

「我々が今目指しているのは、ヨーロッパのリーグとか、そういう雰囲気など。やっぱりアジアのプレミアリーグみたくなりたいと思ってるんだよ」と話す原副理事長は、選手や監督が成長できるリーグを目指したいと力を込める。

「Jリーグに来れば、選手が成長できるみたいな。それは監督もそう。サポーターは、何が良いサポーターなのかは難しいけど、サポーターもやっぱり成長していかないといけない。世界で一番人が育つリーグにしたいって思いがあって、まずアジアの中で良い人材が集まってくる。チャナティップとか、ティーラトンとかもそうだけど、日本に行った方が伸びるみたいに評価されたいよね。韓国じゃなくて中国でもなくて、日本という流れを作りたいよね」

 そういう意味で、今はイニエスタを筆頭に実力のある選手が日本を選びつつある流れがあり、また日本から数多くの若手選手が海外に移籍し、活躍を続けている。

「Jリーグに行けば伸びるよねと。で、リーグとしても魅力あるよねっていうのが、いろんなとこで発信出来つつあるんじゃないかなと思ってて。それをもっともっとステータスとして上げていくと、日本のJリーグの試合がアジアで好まれるようになるし、良い選手や指導者が集まってくる。そういう未来を目指したいなと思っているけどね」
 
 タフでフェアな試合を運営するにあたり、レフェリーとの関係性の変化も、要因として見逃せないと原副理事長は締めくくる。

「レフェリーのコミュニケーションが上手になってきたと思う。昔は選手とのコミュニケーションの取り方がまだまだ未熟だったはず。俺の現役時代からそうだけど、審判は選手とは会話しないみたいな感じがあった。近寄りがたい雰囲気があって外国籍選手もやりづらそうだったね。で、今度はコミュニケーションを取るべきだという方向に振れ過ぎた時期もあったけど、だんだん普通になってきた」

 そうしたコミュニケーションの取り方を試行錯誤する中で、レフェリーと選手の自然な会話が成り立つようになったと原副理事長も語る。

「選手は言うことは言う。でもレフェリーも俺はこう思ったから、今こう判断したんだっていう、自然なこの会話が成り立つようになった」

 この発言で思い出されるのが、2019年のルヴァンカップ決勝での一コマであろう。Jリーグ公式youtubeチャンネルで公開された動画では、「DOGSO」により谷口彰悟が退場になった判定に関し荒木友輔主審が、札幌の深井一希から受けた「いい試合なんだから退場にしなくてもいいのでは?」という言葉を紹介。荒木主審は、レフェリーとしての立場を説明したという場面だった。ここで明らかになった選手とレフェリーの自然な距離感は、彼らが共に積み重ねてきた良い関係性の成果であり、選手とレフェリーとの間に信頼関係が生まれているのではないかと原副理事長は指摘する。

「コミュニケーションが前よりは良くなってきて、そこで信頼関係が生まれると、選手たちもやっぱり受け入れる。レフェリーもカードじゃなくて、会話だけじゃなくて、身振り手振りとかそういう全体を使ったコミュニケーションで、お互い一緒に演出していくみたいなのが上手になってるんじゃないかな」

 そうやって「近寄りがたい」存在だったレフェリーがサッカーファミリーとして認められる過程で、いわゆる荒れた試合が減り、結果として余計な笛やカードや減っているのだろう。
 これは余談になるが、今季限りで一線を退いた村上伸次さんと家本政明さんが、引退試合に際しサポーターや両チームの選手から送り出された場面について原副理事長は「家本さんや村上さん、あの人たちがピッチ上では、みんなで戦ったり意見を言い合ったりしていたのが、ああやって送り出されてね。あれを見てオレはすごく嬉しかった。本当になんか涙出るぐらい嬉しかった。やっと日本にもこういう時代が来たのかって。オレが若かったら本当にレフェリーやろうかなとって思える場面だったよな」と力を込めた。

「審判が一緒にゲームを作る仲間みたいになってきたよね。選手はミスするし、監督だって采配ミスする中で、同じように審判だってミスする。だけど、審判は一瞬で判断しなきゃいけないことがすごくいっぱいあると思う。それに対し怒る気持ちは分かるけど、その人たちがいなきゃサッカーの試合って作れない。そういうのが少しずつ広まっている気がする。それが審判に対するリスペクトで、そのリスペクトがすごくいい方向に今は行ってるかなと思ってるけどね」

 激しくもフェアなリーグは、監督、選手はもちろん、レフェリーの協力の中で現実のものとなる。ファン・サポーター、メディア側の我々もそこに関わりつつ、世界に比肩するJリーグを作っていきたい。

取材・文●江藤高志(川崎フットボールアディクト)