FC東京は1月7日、2022年シーズンの新ユニホームを発表した。

 クラブのシンボルである青と赤の太いストライプを採用。 クラシックの中に力強さとオーセンティックを表現している。ユニホーム全体に、日本のモダングラフィックである浮世絵の波からインスパイアされたグラフィックをカモフラージュ柄に落とし込んだジャガード編みで表現。 

 首元にはゴールドを配色し、現代的な技術とクラシックなグラフィックとの融合で、モダンな中にクラシックな印象がある。 素材にはNB Dryテクノロジーを採用し、プレーヤーを爽やかでドライな状態に保つよう設計され、快適な着心地を実現している。
【関連画像】「バルサよりバルサっぽい」「かなりいい」FC東京の22年新ユニが話題!
 この一報にクラブの公式ツイッターには「かっこええ」「バルサよりバルサっぽい」「シンプルで良き」「かなりいい」「首のワンポイントがまた良い!」「ザ・東京って感じするわぁ〜」「MIXIが大文字でインパクトあるな」といったコメントが寄せられた。

 また「森重のボス感も凄いけど松木くんのラスボス感も凄いな」というキービジュアルも話題を集めそうだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部