期待を寄せる指揮官の言葉は、セルティックへ移籍した3人の日本人選手たちのやる気をさらに刺激したのではないだろうか。

 アンジェ・ポステコグルー監督が、この冬に獲得した前田大然、旗手怜央、井手口陽介に言及した。1月7日、地元メディアの『footballscotland』が伝えている。

 横浜F・マリノスで指導した前田について、オーストラリア人指揮官は「日本で彼と一緒に仕事した。できるだけ最高の選手になりたいと、本当に強い決意を持っている」と称賛。昨夏も獲得を望んだと明かした。

「彼は本当に交渉を望んでいた。私は彼やプレースタイルを知っていたので、夏に獲得を熱望したのだが、シーズン中に日本の選手を獲得するのは本当に大変なんだ。私は彼の特徴をよく知っている。我々と(スコットランドの)リーグでうまくやれると思っているよ」

 一方、旗手に関しては「日本で指揮しながらその成長を見てきた選手だ。(川崎)フロンターレはファンタスティックなチームで、この5年の彼らは見事だった。何人かとんでもないタレントがおり、レオがそのひとりなのは確かだよ」と期待を寄せている。

「トップチームに出てきたときから分かった。それから彼は多くの成功を手にしたね。成功を求められ、毎週勝利を望むクラブでプレーしていた。だから彼についても、正しい気質の選手だと知っている」
【動画】動き出し、トラップ、フィニッシュ、全てが秀逸!古橋がリーグカップ決勝で決めた圧巻ゴラッソ2発
 多才な旗手は様々なポジションでの起用が取り沙汰されていたが、ポステコグルー監督は「彼は攻撃的MFだ」と話した。

「これから成長していく選手だよ。プロになって2年だ。本当に、彼と仕事を始めるのが楽しみだよ」

 また、井手口のことは「ヨウスケは私が追っていた選手だ。オーストラリア代表を率いていたときに彼が日本代表にいたからね」と述べている。

「我々は彼をスカウトしてきたが、本当にエキサイティングな若いタレントだ。彼もまた、獲得できて、一緒に仕事できてうれしいよ」

 古橋亨梧を含めた4人の日本人選手と、彼らをグラスゴーに呼んだポステコグルーが率いるセルティックが、シーズン後半戦も躍動するのを願うばかりだ。

構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部

【PHOTO】「美人すぎる」、「セクシーすぎる」フットボーラーの妻&恋人たち

【PHOTO】C・ロナウド、アグエロ、ベンゼマ、イブラ、ポグバetc…世界的名手たちが誇るスーパーカーを厳選&一挙紹介!