松本山雅FCは1月9日、DF田中隼磨との契約更新を発表した。

 地元出身の39歳は昨年5月、かねてより負傷していた右膝の検査・手術を行ない、右膝外側半月板損傷/右膝軟骨損傷/右膝関節内遊離体/右膝関節滑膜炎の診断が下り、鏡視下半月板部分切除術/骨穿孔術/関節内遊離体摘出/滑膜切除および骨棘切除術の手術を実施。全治は未定で、昨季はJ2で1試合のみの出場となっていた。
 
 横浜、東京V、名古屋で活躍し、2014年に松本に加入。以後、二度のJ1昇格の原動力になるなど、不屈の魂で戦い続ける男は来季も山雅でプレーする。

 この一報にクラブの公式ツイッターには「漢気更新」「待ってました!!」「レジェンド!!」「山雅を鼓舞してね」「山雅の背番号3は不滅さ!」「隼磨は山雅の魂だからいないと困るのよ」「まだまだやれる所を!」といったコメントが寄せられた。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】快晴のアルウィンに響き渡るクラップ!選手を後押しする松本&新潟サポーター!