第100回全国高校サッカー選手権大会は1月10日、国立競技場で決勝戦の大津対青森山田が行なわれた。青森山田が4-0で勝利を収め、3大会ぶり3度目の優勝を飾った。

 青森山田のMF松木玖生(3年)は「春から頑張ってきたことが報われてうれしいです」と喜びをかみしめた。

 強豪の青森山田で1年生から出場機会を掴むキャプテンは、1年生時の98回大会では5試合に出場し4得点を記録。2年生時の前回大会でも5試合で2ゴールを挙げた。いずれの大会でも決勝まで勝ち進んだが、98回大会の静岡学園戦(2-3)、前回大会の山梨学院戦(2-2、PK2-4)と、2年連続で優勝にあと一歩届かなかった。
 
 3年連続で決勝の舞台に挑んだ松木は、2点リードで迎えた後半10分にセットプレーの流れからチーム3点目を決め、優勝を大きく引き寄せた。

 これで青森山田は、夏のインターハイ、高円宮杯U-18プレミアリーグEASTに続き、選手権でも優勝。

「(3年間で)一番良い一年になりました」と語った松木は、「これは仲間と獲った3冠。しっかりとこのあと喜びを分かち合いたいです」とし、「これからもサッカーを楽しんでいきましょう」と子供たちへメッセージを呼び掛けた。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【高校サッカー選手権準決勝PHOTO】高川学園0-6青森山田|圧倒的な強さを見せつけ6発大勝!青森山田が4大会連続決勝進出!

【高校サッカー選手権準決勝PHOTO】3大会ぶりの王座奪還!キャプテン・松木玖生を特集!

【画像】帝京、国見、鹿実、市船… 強豪校別 歴代ベストイレブン!

【選手権PHOTO】堀北・ガッキー・広瀬姉妹! 初代から最新17代目の茅島みずきまで「歴代応援マネージャー」を一挙公開!