ベルギー1部のシント=トロイデン(STVV)は1月10日、MF香川真司との選手契約が基本合意に達したと発表した。今後のメディカルチェック等を経て、正式契約が結ばれる見通しだ。

 香川はドルトムント(ドイツ)を離れて以降、ベジクタシュ(トルコ)、サラゴサ(スペイン)、PAOK(ギリシャ)と欧州各地を転戦。ただ、今シーズンはPAOKで構想外となり、先月18日に双方合意の上で契約を解除していた。

 それでもまだ32歳。今回の発表を受け、ツイッター上には新天地での復活を願う声が続々と集まっている。
【PHOTO】日本サッカーの至宝、香川真司のキャリアを秘蔵写真で! セレッソ大阪時代のレアショットや肉体美も
「復活してほしい!!!!まだまだできる!!!!」
「また10番を付けている香川さんを見たい」
「まだまだ輝けるはず。頑張れよ!」
「あんたはここで終わる選手じゃない!」
「復活のシンジ・カガワを見たい!」
「ドイツの黄色からベルギーの黄色へ」
「ここから香川復活の狼煙が上がるのか。めっちゃ楽しみ!」

 新天地のSTVVは日本企業の『DMM.com』が経営権を持ち、GKシュミット・ダニエル、DF松原后、DF橋岡大樹、FW林大地、FW原大智、FW伊藤達哉と日本人6選手が在籍。馴染みやすい環境下で香川は、もう一花も二花も咲かせることはできるか。カタール・ワールドカップも控えるなかで、元日本代表10番の逆襲に注目が集まる。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】出身地の神戸も登場!和のテイスト満載の香川歓迎ムービーをチェック

【画像】香川真司&小栗旬の「素敵ツーショット」