現地時間1月15日に開催されたプレミアリーグ第22節で、勝点53で首位のマンチェスター・シティと、同43で2位のチェルシーが前者のホームで激突した。

 注目の大一番で先にチャンスを作ったのは、直近のリーグ戦5試合で4分けと足踏みが続くチェルシーだ。10分にルカクが自慢のフィジカルで相手DFをなぎ倒して突破、決定機となりかけるが、ラストパスが上手く繋がらず、モノにできない。

 目下リーグ戦11連勝中のシティは14分、ショートコーナーからファーでストーンズがヘディングシュート。しかし、アフリカ・ネーションズカップ参戦中の正守護神メンディに代わって先発したケパの正面に飛ぶ。

 中盤以降はホームサポーターの大声援を受けるシティが主導権を握り、39分にはペナルティエリア手前でのパスカットから、グリーリッシュがケパと1対1の決定機を迎えるが、好守に阻まれる。直後の43分にデ・ブルイネがエリア左から左足で放ったシュートも枠を捉えられない。
【PHOTO】プレミアの21-22シーズン、新ユニホームキットを総ざらい! 南野拓実が着用するリバプールユニに注目!
 スコアレスで折り返して迎えた後半開始早々の47分、チェルシーにビッグチャンスが到来。コバチッチの縦パスにルカクが抜け出し、エリア手前から左足を振り抜くも、相手守護神エデルソンのビッグセーブに遭い、こぼれ球に反応したジイェフのシュートも枠を外れる。

 63分にはシティがゴール前でFKを獲得。デ・ブルイネが右足で狙いすましたシュートを放つが、ケパにかき出される。

 膠着状態が続くなか、70分にホームチームがついに均衡を破る。敵陣中央でパスを受けたデ・ブルイネがするするとゴール前まで持ち上がり、相手のタイミングをずらしてから右足を一閃。鮮やかなミドルシュートをゴール右に突き刺した。かつてチェルシーでもプレーしたベルギー代表MFは、リーグ戦6点目となった。

 これ以上勝点差を広げられるわけにはいかないアウェーチームはその後、必死に反撃に出るも、最後までリーグ最少失点の堅守を崩せず。1-0で逃げ切ったシティが連勝を12に伸ばし、2位チェルシーとの差を13ポイントに広げた。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】「美人すぎる」、「セクシーすぎる」フットボーラーの妻&恋人たち

【PHOTO】C・ロナウド、アグエロ、ベンゼマ、イブラ、ポグバetc…世界的名手たちが誇るスーパーカーを厳選&一挙紹介!