現地時間1月15日に開催されたコパ・デル・レイ(スペイン国王杯)の4回戦で、久保建英が所属するマジョルカが、エスパニョールとホームで対戦した。

 8強入りを懸けたこの一戦で、8日に行なわれたラ・リーガ第20節のレバンテ戦(●0‐2)で2試合ぶりに戦線に復帰した久保は、公式戦2試合連続の先発出場。4‐4‐2の右サイドハーフに入った。

 その久保は、16分に右サイドから仕掛けてファウルをもらい、敵の左SBペドロサのイエローカードを誘発する。

 スコアレスで迎えた32分には、マジョルカが絶好の位置でFKを獲得。これを久保が見事なカーブをかけてネットに突き刺し、先制ゴールを奪取。日本代表MFは、このゴラッソが昨年12月4日のアトレティコ・マドリー戦(ラ・リーガ第16節)以来、今シーズン2点目となった。
【画像】久保が見事なカーブをかけた直接FK弾!ゴールセレブレーションもチェック!
 
 マジョルカは、60分にCKからアブドンのヘッドで追加点を奪うも、その2分後にセットプレーからプアドにゴールを許し、追い上げられる。

 しかし、このリードを最後まで守り切り、2-1で勝利。ベスト8進出を決めた。82分までプレーした久保は、拍手喝采を浴びてベンチに下がっている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】名手オブラクとの駆け引きに勝利! 久保建英が決めた独走ドリブルからの劇的股抜き弾

【PHOTO】「美人すぎる」、「セクシーすぎる」フットボーラーの妻&恋人たち