日本代表MFが決めた圧巻のFKを現地メディアも絶賛している。

 現地時間1月15日に開催されたコパ・デル・レイ(スペイン国王杯)の4回戦で、久保建英が所属するマジョルカは、エスパニョールとホームで対戦。2-1で勝利し、準々決勝進出を果たした。

 4‐4‐2の右サイドハーフで先発した久保に見せ場がやって来たのは、前半の32分だ。やや右寄りの位置からのFKで得意の左足を一閃。カーブがかかったキックが鮮やかな弧を描いてネットに突き刺さり、これが見事な先制点となった。

【動画】「GKは何もできなかった」鋭く曲がって落ちる弾道にスペイン各紙も驚愕!久保が決めた圧巻のFK弾
 スペイン紙『AS』は「魔法の王が現われた。クボの素晴らしいゴラッソがファンを喜ばせた」と激賞。『MARCA』紙も「クボのゴラッソ。(GKの)ディエゴ・ロペスが触ったが、何もできなかった」と伝えた。

 また、『Mundo Deportivo』紙は、「クボが直接FKを巧みに実行し、D・ロペスを驚かせた」と称賛している。

 チームを8強入りに導いたゴラッソへの反響は、まだまだ続きそうだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】名手オブラクとの駆け引きに勝利! 久保建英が決めた独走ドリブルからの劇的股抜き弾

【PHOTO】「美人すぎる」、「セクシーすぎる」フットボーラーの妻&恋人たち