現地時間1月16日、ブンデスリーガ第19節が行なわれ、長谷部誠と鎌田大地がそろってスタメンに名を連ねたフランクフルトは、アウェーでアウクスブルクと対戦した。

 2シャドーの一角で先発した鎌田は22分、今シーズン2点目となる先制点を挙げる。ゴール前でボレからのパスを受けると、飛び出してきたGKを冷静にかわし、右足でゴールに流し込んだ。

【動画】軽いステップでGKをかわしてシュート! 鎌田の今シーズン2点目をチェック

 しかし、フランクフルトは38分にグレゴリッチのゴールで同点に追いつかれ、1-1で折り返す。
 
 同点で迎えた65分、鎌田が左サイドのチャンドラーからのクロスに頭で合わせるも、シュートは枠に飛ばず。その後は両チームとも決め手を欠き、なかなかフィニッシュまで持ち込めない。

 試合はこのまま1-1のドローで終了。鎌田と長谷部ともにフル出場を果たしている。

 フランクフルトはこの試合でMFコスティッチ、守護神トラップを新型コロナウイルスの陽性反応で欠いており、復帰時期は未定。次節は奥川雅也が所属するビーレフェルトを本拠地に迎える。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】「美人すぎる」、「セクシーすぎる」フットボーラーの妻&恋人たち

【PHOTO】C・ロナウド、アグエロ、ベンゼマ、イブラ、ポグバetc…世界的名手たちが誇るスーパーカーを厳選&一挙紹介!