現地時間1月16日に開催されたプレミアリーグ第22節で、3位のリバプールは14位のブレントフォードと本拠地アンフィールドで対戦し、3-0の快勝を収めた。

 主軸アタッカーのモハメド・サラーとサディオ・マネがアフリカ・ネーションズカップ参戦中のため、リーグ戦初先発が期待されるも、ベンチスタートとなった南野拓実は、2点リードで迎えた74分に途中出場。そのわずか3分後に結果を残す。

 GKアルバロ・フェルナンデスにチェイシングをかけ、パスコースを限定すると、ペナルティエリア内でクリスティアン・ノアゴーへのパスをカットしたロベルト・フィルミーノから、ボールを受ける。しかしシュートを撃たず、ブラジル代表FWへリターンパス。そして相手を引き付けたフィルミーノから再び戻ってきたパスをダイレクトで流し込み、公式戦6点目(リーグ戦では2点目)を奪ってみせた。

【動画】途中出場からわずか3分で追加点!南野が27歳のバースデーを自ら祝う!

 限られた出場時間で27歳の誕生日に自ら祝砲を上げた日本代表FWに対し、現地メディアの評価は上々だ。『Liverpool Echo』と『The Redmen TV』は採点記事でいずれも「7点」を付け、それぞれ「ファーストタッチでチーム3点目を決め、27回目のバースデーを祝った」「絶対的なチャンスを逃さずに得点を挙げ、試合を終わらせた。よくやったタキ」と称えている。
 
 南野は3日前に行なわれたアーセナル戦(△0―0、リーグカップ準決勝・第1レグ)では、終了間際の決定機で痛恨のシュートミス。少なくない批判を浴びていたことから、『The Guardian』は名誉挽回の一発になったと考えているようだ。

【動画】ガラ空きのゴールに…批判を浴びた南野の痛恨シュートミス

「ミナミノはピッチに立って3分、フィルミーノの無欲とブレントフォードの不注意から、リバプールの3点目を決めたのである。フィルミーノがノアゴーを弾き飛ばし、ゴール前でノーマークのミナミノを発見。ただ、ミナミノはボールを送り返すと、フィルミーノはその恩に報い、交代で入った選手がアーセナル戦でのミスから自信を取り戻すのを手伝った」

 リバプールは20日にアーセナルとリーグカップ準決勝・第2レグで対戦。第1レグではヒーローになりそこねた背番号18は、2試合連続ゴールを挙げ、さらに自信を深めることはできるか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】「美人すぎる」、「セクシーすぎる」フットボーラーの妻&恋人たち

【PHOTO】C・ロナウド、アグエロ、ベンゼマ、イブラ、ポグバetc…世界的名手たちが誇るスーパーカーを厳選&一挙紹介!