現地時間1月15日に開催されたコパ・デル・レイの4回戦、久保建英が所属するマジョルカがエスパニョールを2-1で破った一戦は、“アジア対決”も注目を集めた。

 周知の通り、久保は先制点となる見事な直接FKを叩き込み、この試合のヒーローとなった。82分にその日本の至宝と交代で入った韓国代表MFイ・ガンインも、得意の仕掛けから敵DFアドリア・ペドロサを退場に追い込むなど、短い時間で存在感を見せている。

【動画】「上手すぎる」鋭く曲がって落ちる弾道にファン衝撃!久保が決めた圧巻のFK弾

 一方、エスパニョールの中国代表FWウー・レイが投入されたのは後半アディショナルタイム。それでも、最後の最後で決定機が訪れたが、シュートをミートできず、GKにキャッチされてしまった。

 すると、中国のポータルサイト『捜狐』は、活躍できなかった自国のエースについて、「ウー・レイは、クボやイ・ガンインといったアジアのスターよりも困難な状況にある。クボはリーガでプレーするに相応しい能力があることを完全に証明した。そのクボやイ・ガンインとウー・レイの間にはまだ一定の差がある」と嘆いた。

「クボは英雄になったのに、ウー・レイは…」中国メディアが久保建英と自国エースの“直接対決”に嘆き!「日本のスターとはまだ差がある」
 このニュースは『サッカーダイジェストWeb』をはじめ、日本でも報じられた。すると、日本のファンから、ウー・レイを擁護するコメントが寄せられた。『捜狐』は、こうした声の一部を紹介している。

「アジアの選手として頑張ってください!頑張ればいつか結果が出るでしょう」
「悲観的である必要はないと思う」
「ウー・レイは才能のある選手だと思います。彼がより適したチームに行くことができれば、ポジティブな役割を果たすと思う」
「中国サッカーにおいて称賛されるべきパイオニアだ」

 また、韓国のスポーツメディア『Sportal Korea』も、「日本のファンがウー・レイを激励した」として、この反応に注目。「ウー・レイは中国で唯一良い選手だ。批判しないで」、「中国サッカーのレベルを考えると、ウー・レイを批判するのは間違いだろう」「これだけやっているだけでも、称賛しなければならない」といったコメントを取り上げている。

 そのウー・レイを擁する中国代表は、今月27日に開催されるカタール・ワールドカップのアジア最終予選で、森保ジャパンと対戦する。日本のファンから励まされたウー・レイは、埼玉スタジアム2002でどんなパフォーマンスを見せるのか。久保との“再戦”にも注目だ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】「美人すぎる」、「セクシーすぎる」フットボーラーの妻&恋人たち