デビュー戦でマン・オブ・ザ・マッチに選ばれる活躍は、旗手怜央に注目する現地ファンや関係者にとって、ひとつの基準となる。日本からスコットランドに渡った若武者は、さらに活躍できるのか。

 旗手は1月17日、新天地での初陣となったハイバーニアン戦で、2-0の勝利に大きく貢献した。そのパフォーマンスには続々と賛辞が寄せられ、チームメイトからマン・オブ・ザ・マッチに選出されたことを聞いた際のリアクションも大きな反響を呼んでいる。

 セルティックのOBである元スコットランド代表フランク・マカベニーも、『Football Insider』で「中盤のハタテという子はすごかったね」と、称賛した。

「デビュー戦としては、私が見てきた中でもベストの類に入る。タックルが見事だった。それに、ボールがどこに来るかを事前に分かっているようだった。試合の読みが素晴らしい。一度だけのことではないのを願う」

【動画】前田が決めた衝撃の開始4分弾&旗手の躍動シーンをチェック
 さらに、マカベニーは「彼のプレーを見られて楽しかった。交代時にスタンディングオベーションがあったが、間違いなく彼はそれにふさわしかった」と続けている。

「ジェームズ・フォレストからマン・オブ・ザ・マッチに選ばれたのを聞き、驚いている様子の動画を見たよ。彼は、自分がそこまでじゃなかったと思っていたのかもしれないね。私はそうであることを願っているよ。あれが平均的な出来なら、我々はすごい選手を手にしたことになるからだ」
【動画】現地で大反響!MOM選出に驚く旗手の様子をチェック

 デビュー戦での活躍は、期待と重圧につながる。その中で、旗手がさらに躍進し、規格外のパフォーマンスを繰り返せるのを願うばかりだ。

構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部

【PHOTO】「美人すぎる」、「セクシーすぎる」フットボーラーの妻&恋人たち

【PHOTO】C・ロナウド、アグエロ、ベンゼマ、イブラ、ポグバetc…世界的名手たちが誇るスーパーカーを厳選&一挙紹介!