現地時間4月19日に開催された延期分のプレミアリーグ第30節で、2位のリバプール(勝点73)と5位のマンチェスター・ユナイテッド(同54)が激突。前者の南野拓実は公式戦4試合連続、後者のクリスチアーノ・ロナウドは生まれたばかりの双子の子供のうち、男児がすぐに死去したため、3試合ぶりにベンチを外れた。

 前回対戦では敵地で5―0と歴史的大勝を収めたリバプールは、ホームのこの試合でも開始5分に速攻から試合を動かす。マネのパスで一気に抜け出したサラーが、ペナルティエリア内からグラウンダーのクロス、これをディアスが右足でネットを揺らした。

 なおも押し込むホームチームは22分にも、マネの絶妙なノールックパスをエリア内で受けたサラーが左足で流し込み、リードを2点に広げる。やや調子を落としていたエジプト代表FWは、先月12日のブライトン戦以来、PKを除けば2月19日のノーリッジ戦以来、2か月ぶりのゴールとなった。
【動画】7分、生まれたばかりの息子を亡くしたC・ロナウドとその家族へ…両軍サポーターから温かい拍手が送られる
 なんとか反撃に出たいユナイテッドだが、大エースを欠くなかで思うようにチャンスを作れず。前半はボール支配率24%、シュート0本で終え、55分にようやく初シュート。後半の頭から入ったサンチョがエリア内で右足を振り抜くが、GKアリソンに難なくキャッチされる。

 迎えた68分、リバプールはカウンターから勝利を大きく手繰り寄せる3点目を奪う。ロバートソンが自陣から持ち上がり、最後はディアスのラストパスをマネが左足で流し込んだ。これで先発した3トップは全員が1ゴール・1アシストをマークした。

 その後、85分に途中出場のジョッタのパスから、サラーがダメ押し点を挙げたリバプールは4―0で圧勝。前人未到の4冠を目指すなか、20日にブライトンとの30節を戦うマンチェスター・シティをかわし、暫定首位に躍り出た。

 一方、ユナイテッドはチャンピオンズ・リーグの出場権獲得へ、厳しい状況に追い込まれた。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】リーグ杯でまず1冠!トロフィーを手に、サポーターの元へ向かう南野の後ろには…激熱シーンをチェック​

【動画】セレブレーションが始まる直前、左端で南野とマネが何やらひそひそ…

【PHOTO】日本代表を応援する「美女サポーター」を厳選!