鹿島アントラーズに所属するFW鈴木優磨が、4月26日に自身のインスタグラムを更新。誕生日を迎え、26歳になったことを報告した。

 鈴木は鹿島スタジアムでのサポーターに挨拶をしている写真を1点と、「26歳になりました。改めてアントラーズでプレーする喜びを感じながら、いいシーズンにできるように頑張ります」というメッセージを公開。ハッシュタグでは背番号の「#40」と、自身の名前、そして「#感謝」と添えている。
【画像】鈴木優磨が26日に26歳に! 鹿島の巨大フラッグを背景に、サポーターにメッセージを綴る
 この投稿には、鹿島の同僚である三竿健斗や土居聖真のほか、元鹿島で現在は京都サンガF.C.に所属する豊川雄太や、海外でプレーする選手たちも反応。1月まで在籍したベルギー1部シント=トロイデンのシュミット・ダニエルは「HBD」とコメントを残し、林大地や松原后は「いいね」で反応。同1部アントワープの三好康児や、ユニオン・サン=ジロワーズの町田浩樹、元STVVで現在はドイツ1部シュツットガルトで戦う遠藤航や、元韓国代表イ・スンウも反応している。

 また、ファンからは祝福が多く寄せられ、「鹿島のムードメーカーお願いします」「どんな時でも応援してます」「さらなる活躍とギラギラさ、期待してます!」「戻ってきてくれて本当にありがとう」「絶対優勝しましょう!」といった声が集まった。

 鈴木は2019年夏に鹿島からSTVVへ渡り、20-21シーズンには17ゴールを記録するなど活躍。そして今季、2年半ぶりに古巣の鹿島に復帰した。伝統の背番号「40」を背負ったストライカーのさらなる活躍が期待される。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】スタジアムに集結した鹿島アントラーズサポーターを特集!

【PHOTO】鹿島アントラーズの歴史を彩った名手たちと歴代ユニホームを厳選ショットで一挙紹介!