現地時間4月26日に開催されたチャンピオンズ・リーグ(CL)の準決勝第1レグで、レアル・マドリーはマンチェスター・シティと敵地で対戦。見応えのある打ち合いの末に、3-4で敗れた。

 この試合で圧巻のゴラッソが生まれたのが、55分だ。53分に1-3とリードを広げられたマドリーは、左SBのフェルラン・メンディが縦パスを送る。すると、ハーフウェイライン付近でヴィニシウス・ジュニオールが巧みな反転。途中出場で右SBに入っていたブラジル代表の先輩、フェルナンジーニョの“股抜き”を誘発すると、スピードに乗ったドリブルで左サイドから50メートル以上もボールを運んで一気にゴール前へ持ち込み、冷静なフィニッシュでネットを揺らしたのだ。

【動画】ヴィニシウスの天才的ゴラッソ!名手を“股抜き”→50メートル独走→冷静なフィニッシュ!
 スペイン紙『Marca』はこのゴラッソを「ヴィニシウスが生涯覚えているだろうドリブルだ。ブラジル人の天才的プレーでシティとの差を縮めた」と絶賛。「ヴィニシウスは55分、天才的な発明で輝きを放ち、2-3にした。フェルナンジーニョを素晴らしい動きでかわし、フィールドの半分を駆けて、GKのエデルソンを破った」と称えた。

 また、同じくスペインの『AS』紙も「何年経っても、ヴィニシウスの不条理さは記憶され続ける。これを見て驚いてください」とゴールシーンを紹介。次のように伝えた。

「ブラジル人は、フェルナンジーニョに触れることなく、敵GKから50メートル以上離れたところからの印象的なドリブルで、信じられないほどのゴールを決めた」

 試合には敗れたとはいえ、2点差をすぐに詰めた貴重なドリブル弾は秀逸だった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【画像】「信じられない!」シアラーも驚嘆!ベンゼマが見事に決めたパネンカ

【PHOTO】日本代表を応援する「美女サポーター」を厳選!