徳島ヴォルティスは4月28日、エウシーニョの加入を発表した。

 主に右SBを務める32歳のブラジル人DFは、2015年に川崎フロンターレに加入すると、2017、18シーズンのJ1リーグ連覇に貢献。両年でベストイレブンにも選出された。翌年から清水エスパルスへ移籍するが、怪我などの影響もあり2年目以降は徐々に出場機会を減らし、昨季終了後に退団していた。

 徳島を通してエウシーニョは以下のようなコメントを発表している。

「徳島ヴォルティスに加入できたことを嬉しく思います。このチャンスを与えてくれた皆さんに感謝しています。皆さんと共にクラブの目標を達成できるように精一杯頑張りたいと思います。クラブに関わるすべての皆さんの期待に応えられるよう、ピッチで全力を尽くします。皆さんにお会いできることを楽しみにしています。これからよろしくお願いします!」
 
 この一報を伝えたクラブの公式ツイッターには、ファンから以下のようなコメントが続々と寄せられている。

「エウソーン!!!」
「いらっしゃいませ!楽しみにしてる〜」
「待ちわびた公式発表来た」
「昇格目指してともに戦いましょう!」
「エウソン、良かった。超攻撃的SBがまた見れる」
「これはほんまに嬉しい。川崎でバリバリの主力やった選手が徳島に来てくれるなんて」
「ピッチ内に限らず、人事まで神出鬼没や。。。笑」
「スーパーな選手がやっぱり必要なんよな。あと、2人くらいどっかから湧いてこんかな」
「J2では反則レベルの右サイドバック」
「過去の川崎、清水共に出場したリーグ戦ではDFながら毎年 必ず得点してるという強み」

 1年でのJ1復帰を目指す徳島は、4月28日現在、J2リーグで勝点14の14位。失点数7はリーグ最少だが、得点不足で勝ち切れない試合が続いている。川崎時代の2015年にはDFながら8ゴールを記録した超攻撃的SBの加入が起爆剤となるか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】編集部が厳選! ゲームを彩るJクラブ”美女チアリーダー”を一挙紹介!