DAZNで配信中の『内田篤人のFOOTBALL TIME』の最新回に、元日本代表MFの松井大輔がゲスト出演。現在、絶好調の世界的ストライカーについて言及した。

 この回では、前回に引き続き、内田氏、松井、元日本代表の大久保嘉人氏、サッカーマニアで知られる日向坂46の影山優佳さんが、カタール・ワールドカップについて展望した。

 番組内の、W杯での活躍が期待される世界のトッププレーヤーのプレーを映像で振り返るコーナーで、フランス代表FWのカリム・ベンゼマ(レアル・マドリー)が登場すると、大久保氏が「今すごいよね」と話し、松井も「すごい」と同調した。

【PHOTO】日本代表を応援する「美女サポーター」を厳選!
 そして、自身がフランスでプレーしていた頃、リヨン時代のベンゼマと対戦した時の印象を明かしている。

「何回か対戦したけど、本当に上手かった。シュートがめちゃくちゃ上手い。あと、気が遣える」

 現在34歳のベンゼマは今シーズン、キャリアハイとなる公式戦41得点(41試合)を挙げるなど、ゴールを量産している。そんな点取り屋も、マドリーにクリスチアーノ・ロナウドがいた時代は、その大エースに点を獲らせるために献身的なプレーに徹し、リーグ戦で5ゴールに終わったシーズンもある。

 そうした「周囲に気を遣うプレー」は、まだ若かったフランス時代から際立っていたようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】松井大輔も脱帽!34歳にして爆発するベンゼマの今季のゴール集

【動画】[日本代表]どこよりも詳しいスペイン代表の分析&対策!元Jリーガー林陵平と専門誌副編集長が徹底解説!