スーパースターの“3連発”動画が反響を呼んでいる。

 4月28日、パリ・サンジェルマンに所属するリオネル・メッシが、自身のインスタグラムを更新。驚きの動画を公開した。

 アルゼンチン代表のユニホームとジャージ姿でグラウンドに登場したクラックは、30メートル以上はあるだろう距離から、ボールを3度蹴って、すべてカゴの中に収めたのだ。タスクを完了したメッシは、笑顔で親指を立てている。

 母国アルゼンチンのメディア『TyC Sports』が「リオネル・メッシは新しいスパイクでカタール・ワールドカップのボールを試した。それはかみそりのように鋭い!」と報じたところよれば、これは契約する『アディダス』社の企画のようだ。

【動画】フェイクか現実か? メッシが3連続ロングキック→カゴにイン
 メッシは、ともに同社が製作したスパイク「Diamond Edge」のニューモデルを履いて、カタールW杯の公式試合球「アル・リフラ」を蹴り、見事な高精度キックを披露――。という動画になっている。

 このショートムービーは、瞬く間に拡散。米『CNN』が「彼の左足のクオリティに改めて驚いた。精度のレベルは驚くべきものだ」と伝えるなど、各国メディアが取り上げたほか、世界中のファンから次のようなコメントが寄せられている。

「これは驚きだ」
「本当に蹴ったの?」
「まさに神」
「天才というほかない」
「これが、彼が世界最高の選手である所以だ」
「別の惑星から来たのか」
「編集されている」
「ウソをついてはいけない」
「フェイクだという人は説明してくれ」

 本当に蹴ったのか、編集されているのか。白熱した議論が続いているようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】C・ロナウド、ネイマール、ポグバetc…世界的名手たちが誇るスーパーカーを厳選&一挙紹介!

【PHOTO】「美人すぎる」、「セクシーすぎる」フットボーラーの妻&恋人たち