レアル・マドリーのフベニールA(U-19)に所属する18歳のMF中井卓大の躍動が止まらない。

 世界的メガクラブに所属する超逸材は、今月13日に行なわれたベティスとのコパ・デル・レイ(スペイン国王杯)フベニール準決勝で圧巻のFKを叩き込み、5-0の大勝に貢献。3日後のエスパニョールとのファイナルでは、1-1で迎えた延長戦で決勝点となるゴラッソを叩き込み、戴冠の立役者となった。

 さらに、24日に開催されたフベニールAリーグ第30節のバジャドリー戦では、1-2のビハインドで迎えた後半アディショナルタイム2分、左サイドから推進力のあるドリブルで一気に持ち上がり、的確なパスで劇的な同点弾のプレアシストをマークした。

【動画】GKは反応できず!中井卓大が準決勝で決めた衝撃の25メートルFK弾!
 そして、現地29日に開催された第31節のセゴビアナ戦(4-0)では、背番号8を纏って先発出場。今度は圧巻のアシストをマークするのだ。

 2-0とリードして迎えた41分だった。ペナルティエリア手前の中央でボールをキープした中井は得意のダブルタッチでマーカーを翻弄し、浮き球のスルーパス。これをハイメ・カジェハがゴールに叩き込んだ。

 マドリーのカンテラ(下部組織)の情報を日々発信している『Real Madrid Fabrica』は、「ナカイのもの凄いダブルタッチとアシストだ」とこのプレーを絶賛。この18歳が今シーズンに披露したダブルタッチシーンも動画で紹介している。

 ここにきて、目に見える結果を出し続けている“日本の宝石”から目が離せない。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】華麗なダブルタッチ→絶妙の浮き球スルーパスでアシスト!マドリー中井の圧巻プレー

【動画】「ナカイはダブルタッチの達人だ」現地メディアが取り上げた中井の超絶プレー連発

【動画】「なんてゴールだ」「すごい」国王杯優勝を決定づける中井卓大の衝撃ゴラッソ